約3億円のランボ新型「カウンタック」が復活!? 真夜中の東京に降臨! なぜ人は「クンタッチ」に惹かれるのか

「スーパーカー」の代名詞的存在として知られるランボルギーニ「カウンタック」が、世界限定112台のハイブリッドスーパーカーとして現代によみがえりました。カウンタックとはどんなクルマであったのか、その軌跡を振り返ります。

スーパーカーといえば「カウンタック(クンタッチ)」

「スーパーカー」の定義が何であるのかについては、ファンの間でも意見がわかれるところですが、ランボルギーニ「カウンタック」が「スーパーカー」であることに異を唱える人はいないでしょう。
 
 そのカウンタックデビュー50周年を記念して登場したのが新型「カウンタックLPl800-4」で、2022年6月21日に日本でもお披露目されました。

これが約3億円のスーパーカー! 日本でもお披露目されたランボルギーニ 新型「カウンタックLPl800-4」
これが約3億円のスーパーカー! 日本でもお披露目されたランボルギーニ 新型「カウンタックLPl800-4」

 1970年代から1980年代に育ったいわゆる「スーパーカー世代」の人にとっては、カウンタックこそがスーパーカーであり、スーパーカーといえばカウンタックであるといっても過言ではありません。

 そんなカウンタックが登場したのは1974年のことです。1966年の発売以来高い評価を受けていた「ミウラ」の後継車として、そして永遠のライバルであるフェラーリに対抗するための新型車として開発が進められ、1971年のジュネーブモーターショーでのプロトタイプ発表から3年の月日を経て市販化されました。

 イタリアのカロッツェリア、ベルトーネのデザイナーであったマルチェロ・ガンディーニ氏によってデザインされた直線基調の幾何学的なスタイリングは、当時多くの人に衝撃を与えました。

 心臓部にはV型12気筒のエンジンが配置されています。当初は3.9リッターでしたが4.8リッターへと拡大、最終的には5.2リッターとなりました。

 カウンタックは、1974年から1990年までという非常に長い期間販売されたことも特徴のひとつです。

 初期型の「LP400」とその改良版の「LP 400S」、排気量が拡大された「LP500 S」、4バルブ化された「5000 QV」、そして発売開始から25周年を記念した制作された「25th Anniversary」が代表的なモデルですが、そのそれぞれに熱狂的なファンが存在。

 カウンタックは最終的に1983台が生産されたといわれ、その半数以上は「5000 QV」と「25th Anniversary」となっており、バブル期の日本にも多くの個体が輸入されたといいます。

 状態にもよりますが、10年ほど前であれば1000万円台で購入できる個体も流通していたため、かつて「スーパーカー少年」だった人が、当時の夢を叶えて購入するといったケースもあったようです。

【画像】真夜中の浅草に新型クンタッチが… 神出鬼没の赤いアイツを実車で見る!(54枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 以前から某自動車評論家がこだわって、ジャガーをジャグァー、メルセデスをメルツェデスと言っていたわけでそれが一般化したかという話になるわな。

    • ジャグァー横田