激レア日産「スカイラインGT-R NISMO」が盗難被害に! 限定500台の「R32」を捜索中! 人生掛けた愛車とは

神奈川県横浜市にて、日産「スカイラインGT-R NISMO(BNR32型)」(以下R32 GT-R)が盗難被害に遭うという事件が発生しました。限定500台のみが市販された貴重なモデルですが、どのような特徴があるのでしょうか。

限定500台が市販された日産「スカイラインGT-R NISMO」が盗難被害に遭った(画像提供:スカイラインGT-R NISMOのオーナー)
限定500台が市販された日産「スカイラインGT-R NISMO」が盗難被害に遭った(画像提供:スカイラインGT-R NISMOのオーナー)

全日本ツーリングカー選手権出場のために作られた500台の「スカイラインGT-R NISMO」とは?

 R32 GT-Rは1989年8月に8代目「スカイライン」の高性能モデルとして発売されました。

 16年ぶりのGT-R復活、そして価格が約500万円ということで当時、とても大きな話題になりました。

 当時の国産スポーツカーにおいては500万円という価格は大きなインパクトを与えるもので、多くのクルマ好きにとって憧れの存在でした。

 およそ半年後の1990年2月には、R32 GT-Rに「NISMO」が限定車として追加されます。

 限定車といっても、目的は全日本ツーリングカー選手権出場に合わせたグループA参戦マシンのホモロゲーションモデルとして全560台が生産されたものです。

 車体番号はBNR32-100001から100560。このうち500台が市販され、残りはレース参戦のために使用されました。

 標準のR32 GT-Rとの違いは、セラミックタービンから600馬力まで対応可能なメタルタービンへ変更され、エキゾーストマニホールドも専用品を装備。

 快適装備であるエアコン、リヤワイパー、オーディオなどが排除されており、ABSとインタークーラーグリルも外され、標準車から30-80kg軽量化を実現して車両重量は1400kgまで落とされています。

 エクステリアは、ボンネット先端に吸気流入量増加を目的としたフードトップモールを備え、フロントバンパーにも「ニスモダクト」と呼ばれる開口箇所を追加。

 このほか、後輪タイヤ周りの整流を目的としたプロテクターや小型のリアスポイラーなども備えられています。

 そしてこのR32 GT-R NISMOの活躍は世界中のレースファンを魅了し、数々の伝説を作って来たことでも知られます。

 デビュー戦となる全日本ツーリングカー選手権においては1990年3月18日、西日本サーキットでの第1戦で鮮烈なデビューウィンを果たしたことを皮切りに、カルソニックスカイラインを代表とするGT-Rの強さを発揮。

 全6戦で優勝を果たし、それまで世界最強とされていたフォード「シエラRS500」を全日本選手権から駆逐する結果となりました。

 レースでの劇的な多くの勝利は日本以外ではほぼ発売されていなかったスカイラインGT-Rの知名度を全世界に知らしめることになります。

 そして30年経った現在、R32 GT-Rに始まる「第2世代GT-R(R32・33・34)」の世界的な人気や異常なまでの価格高騰に大きく関わって来たといえるでしょう。

【画像】これは貴重! 激レアな「R32 GT-R NISMO」がスゴい! 捜索中の実車を画像で見る(21枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事