ネットでも話題!「まるでおとぎの国」フルーツバス停をご存じ?

長崎県には、バス停利用者が小休憩できるスペース「フルーツバス停」が存在します。その名のとおり、メロンやスイカ、イチゴをリアルに再現した建造物で、SNS映えも期待できそうなかわいらしいスポットです。なぜ、このようなスポットが誕生したのでしょうか。

メロンのなかで小休憩! 「フルーツバス停」とはいったい何?

 フルーツバス停を、ご存じでしょうか。

 ネットで「フルーツバス停」と検索すると、まるでおとぎの国のような雰囲気のカラフルなバス停が現れます。

長崎県にある「フルーツバス停」
長崎県にある「フルーツバス停」

 バス停といっても、バス停そのものではなく、バス停のすぐ隣にある休憩スペースです。 

 写真や動画で見る限り、サイズはかなり大きく見えますし、フルーツの種類もいろいろありそうです。

 フルーツバス停は九州の長崎県内にあると聞いて、早速現地に行ってみました。

 長崎駅近くでカーシェアして、長崎自動車道の諫早(いさはや)ICで降り、国道207号線を佐賀方面に進みます。

 しばらく走ると、右手に有明海、さらにその先には雲仙岳が見えてきました。左手にはJR長崎本線が走ります。

 JR長里駅の手前、諫早市小長井町に入ったところで、ありました。フルーツバス停。

 最初は、「スイカバス停」の殿崎バス停です。そのすぐ隣には、「フルーツバス停通り」という縦長でカラフルな看板が目を引きます。

 さらに国道207号線を進むと、有明海をバックに「メロンバス停」。その向かいには「イチゴバス停」。ここが平原バス停です。インスタなどSNSでよく登場する、映えるポイントです。

 それにしても、どのフルーツバス停もデザインのクオリティがとても高く、それぞれのフルーツの特徴をしっかりと表現していることに驚きます。

 なんだかとても、美味しそうなのです。

「イチゴバス停」に隣接する場所にカーシェアのクルマを一時停車させて、「イチゴバス停」の中に入ってみましたが「キャンプ場のログハウスか!?」と思えるような、ゆったりした空間で「これならバスを待っている時間も楽しいはず」という感想を持ちました。高さは、大人の背丈の2倍以上あります。

「イチゴバス停」の隣には、「ときめき フルーツバス停通りマップ」という大きな看板があります。

 それによると、小深井バス停、長戸バス停、小長井支所前バス停、井崎バス停、大久保バス停、築切バス停、釜バス停、阿弥陀崎バス停まで小長井町内の国道207号線沿いや山間部に、メロン、ミカン、トマト、イチゴ、スイカの合計16基(後述のながさき旅ネットによる)のフルーツバス停が設置されています。

 山間部にあるのは、山茶花高原ピクニックパーク・ハーブ園に続くワインディング路の途中にある、たらみ小長井工場前にオレンジ色のスペシャルカラーリングを施した「ミカンバス停」の畜産センター前バス停です。

【画像】突如あらわれる「リアルおとぎの国」スポット!? 「フルーツバス停」とは何なのか? 実際のスポットを画像で見る(12枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント