究極のトヨタ「アルファード」はアリ? TOYOTAロゴ&メッシュグリル採用の「GRスポーツ」を予想してみた!

国産ミニバン&高級ミニバンの代名詞といえるトヨタ「アルファード」ですが、GRブランドが設定されていません。では、もし現行アルファードにGRスポーツが設定されたらどのようなデザインとなるのでしょうか。予想してみました。

もし…トヨタ「アルファードGRスポーツ」が出るならこんなデザインがイイ?

 日本のミニバン市場で圧倒的な知名度かつ人気を誇るトヨタ「アルファード」。
 
 そんなアルファードにGRスポーツ仕様が設定された場合、どのようなデザインとなるのか予想してみました。

TOYOTAロゴがいい感じ! トヨタ「アルファード(エアロ仕様)」をベースにGRスポーツを予想してみた(製作:Hundreds of Cars)
TOYOTAロゴがいい感じ! トヨタ「アルファード(エアロ仕様)」をベースにGRスポーツを予想してみた(製作:Hundreds of Cars)

 2015年に登場した3代目となる現行アルファードは「大空間高級サルーン」というコンセプトで開発され、そのコンセプト通り現在では高級ミニバンとして「憧れの存在」となっています。

 デザインは、存在感のあるフロントフェイスをはじめ、インテリアも高級ラウンジのような雰囲気です。

 ミニバンといえども、走りの部分も手を抜かずリアにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用しているほか、高張力鋼板や構造用接着剤の導入によるボディ剛性強化などにより、快適な移動を実現しています。

 近年では、ミニバンジャンルでの販売台数No.1を記録するなど、高級ミニバンながら販売面でも好調で、モデリスタの純正エアロパーツの装着率も高いといいます。

 その一方で、昨今存在感を示しているのがGRブランドです。

 GRブランドでは、GRパーツ、GRスポーツ、GR、GRMNとそのクルマに合わせた仕様が設定されています。

 ミニバンにおいては、新型「ノア/ヴォクシー」にはGRパーツを設定(先代にはGRスポーツも)。

 また、先代アルファードには、GRの元になったといえるG’sブランドが設定されていました。

 そうしたなかで、現行アルファードは発売から7年目を迎えており、一般的にはモデル末期ともいえる状態です。

 しかし、2022年6月現時点でアルファードのグレードにはかつての標準仕様(X/GF)とエアロ仕様(S/SC/SR“C パッケージ”)に加えて最上級仕様「Executive Lounge」、そして特別仕様「S“TYPE GOLDIII”」が存在するのみとなっています。

 もちろん、高級サルーンにモータースポーツのノウハウを詰め込んだGRブランドを設定することはナンセンスとも思われますが、あえて既存のGRブランドのデザインをアルファードに採用してみました。

 アルファードの存在感を最大限に際立てるメッキ調のフロントグリルは「ランドクルーザー300 GRスポーツ」に採用されるTOYOTAエンブレムとメッシュグリルを流用しています。

 ホイール&ブレーキは「GRスープラ(RZグレード)」に採用される19インチ鍛造アルミホイールを装着しました。

 また、全体的にスポーティな印象を付与するために最低地上高を下げています。

※ ※ ※

 GRブランドは、2022年に最上級モデルとなる「GRMNヤリス」、カローラシリーズ待望の「GRカローラ」、MT仕様を追加した「GRスポーツ」が発表されています。

 また、「アクアGRスポーツ」や「ヤリスクロスGRスポーツ」が追加ラインナップされるという話もあるなど、さまざまなボディタイプでクルマの楽しさを味わえる仕様が出てくるようです。

 そうしたなかで、現行アルファードにはGRブランドが設定される見込みは低いですが、2023年に登場するといわれる次期アルファードには設定されてほしいものです。

トヨタ・アルファード のカタログ情報を見る

【画像】こんなGR顔アルファードが欲しかった!? 意外とマッチする予想イメージを見る!(21枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ゴールドの王冠以外ありえない。

  2. 新車発表だ、新グレードだって前に、今は生産台数早めて納期短縮頑張ってほしい…

  3. 新車発表だ、新グレードだって前に、今は少しでも生産早めて納期短縮頑張ってほしい…