日産新型「サクラ」発表3週間で早くも受注1.1万台突破! 身近な軽EVに期待大!? 反応してる年齢層は?

日産の新型軽EV「サクラ」の受注が、発表から約3週間で1万1000台を突破しました。どのようなカラーが人気なのでしょうか。また、どのような人が注文しているのでしょうか。

色は「ホワイトパール」が1番人気

日産は2022年6月13日、新型軽EV「サクラ」の受注が、発表から約3週間で1万1000台を突破したと発表しました。

軽EVの日産新型「サクラ」
軽EVの日産新型「サクラ」

 5月20日に発表されたサクラは、軽自動車ならではの小回り性能に加え、圧倒的な静粛性や力強く滑らかな加速、上質で洗練されたデザインで包み込む広々とした室内空間、日常使いに十分な航続距離などが好評を得ているといいます。

 また、高速道路の単一車線での運転支援技術「プロパイロット」や、駐車時にステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」など、充実した先進技術も搭載されています。

 6月13日時点の受注台数は1万1429台です。

 グレードは上位からG・X・Sの3種類ですが、受注比率はGが36%、Xが61%、Sが3%です。

 ボディカラーは、「ホワイトパール」が21%で1番人気となっており、次いでホワイトパールとチタニウムグレーの2トーンが15%、サンライズカッパーとブラックの2トーンである「暁」が12%と続きます。

 また、7割以上がアラウンドビューモニターを選択しています。

 サクラを注文する人は、2台目以降の複数所有車の人や、ガソリン車などからの買い替えが多い傾向といいます。

 年齢層は、30代までが11%、40代18%、50代24%、60代26%、70代以上21%です。日産は、「他の軽自動車と同様に、多くの年配のお客さまからご注文をいただいていますが、先進技術装備の充実をフックに、若い世代をはじめ幅広いお客さまから好評を得ています」と説明しています。

 サクラは、6月16日から販売が始まる予定です。

【画像】軽なのに高級SUVなみのプレミアム感! まるでミニ「アリア」な新型サクラの内外装を見る(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント