もう家じゃん!「男女2人でも車中泊可能!?」新型ステップワゴンでさっそく試してみたら「こりゃイケるゾ!」

2022年5月にフルモデルチェンジしたばかりのホンダ 新型「ステップワゴン」を使い、男女2名で車中泊が可能かどうか、試してみました。

車中泊をさらに快適に過ごすなら「マット」と「プライバシーの確保」は欠かせない

 クルマで泊まる新しい旅のスタイル「車中泊」が注目を集めています。
 
 フルモデルチェンジしたばかりの新型ミニバン、ホンダ「ステップワゴン」でさっそく試してみることにしました。

ホンダ 新型「ステップワゴン AIR」に身長163cmの女性(左)と189cm(右)の男性、あわせて2名が実際に寝てみて確かめました
ホンダ 新型「ステップワゴン AIR」に身長163cmの女性(左)と189cm(右)の男性、あわせて2名が実際に寝てみて確かめました

 3列シートレイアウトのミニバンは、車中泊を楽しむのに非常に向いているボディタイプです。

 室内の空間が広いうえ、3列シートを倒してつなぐことで、簡易ベッドもすぐにできあがります。

 なかでも新型ステップワゴンは、見事なくらいの四角いボディデザインが特徴で、室内の空間効率のよさが外からもじゅうぶんに伝わってきます。これは期待できそうです。

 さっそくシートを倒してみるまえに、事前に準備しておきたいことが2点あります。

 まずは「寝床に敷くマット」を用意しましょう。

 マットは、キャンプ用品としてアウトドアショップやホームセンターなどで売られている就寝用のものでOK。シートを倒した際の段差などを、ある程度フラットに整えてくれます。

 空気を入れて膨らませるタイプなら収納がしやすく、また就寝時の快適度もグンとアップするのでお勧めです。

 そしてもうひとつは「プライバシーの確保」が挙げられます。

 新型ステップワゴンの場合、純正アクセサリーとして「プライバシーシェード」(消費税込み価格 1万6500円)が用意されています。屋外からの視線と陽ざしを遮る、車中泊必須のアイテムです。

 左右それぞれのスライドドアウィンドウとクオーターウィンドウ、そしてリアウィンドウの5枚セットになっていて、もちろん新型ステップワゴン専用設計です。

 フロントシート(1列目席)とセカンド・サードシート(2列目・3列目席)の間を仕切る「セパレートカーテン」(7700円)とセットで用意しておきましょう。

 実際に純正アクセサリーのプライバシーシェードとセパレートカーテンを装着した新型ステップワゴンでみてみると、昼間の陽ざしのもとでも車内は十分に暗く、快眠できそうです。

※ ※ ※

 モデルとして登場していただいたのは、男女のおふたりです。

 男性モデルAさんの身長は189センチとかなりの大柄。対する女性モデルBさんの身長は163センチと平均的でした。

 今回は車中泊カーとして、シート形状が異なる2種類の新型ステップワゴンを用意しました。

 違いはセカンドシートで、ベンチシート仕様(3人乗り)の「ステップワゴン AIR(エアー)」と、左右独立式キャプテンシート仕様(2人乗り)の「ステップワゴン SPADA(スパーダ)[※純正アクセサリー装着車]となります。

 ともにヘッドレストを外しセカンドシートとサードシートをそれぞれフルに倒したうえ、セカンドシートをスライドさせて前後位置を調整。フラットなベッドをつくり出します。

 新型ステップワゴンのキャプテンシートは左右席を中央に寄せる機能があるので、シート間にすきまがほとんどできないのが美点です。

 男性モデルAさんがかなり大柄な人だったので正直心配でしたが、杞憂のようでした。

 男女2名で仲良く並んであお向けに寝てみたところ、肩がふれない状態で就寝可能。左右それぞれパーソナルスペースを確保できていることが確認できました。

 それぞれ寝袋を用意すればカンペキで、ひと晩ゆっくり快眠できそうです。

【画像】「車中泊に用意しておきたい便利グッズ」新型ステップワゴンでの車中泊に欠かせないアイテムを写真で見る(33枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント