なぜナンバープレートは封印される? 謎の「アルミキャップ」に漢字の謎! なんの意味があるのか

クルマ(登録車)の後部のナンバープレートにある「封印」がなぜあるのか。そして漢字の記載の意味とは。今回はナンバーの封印についてご紹介します。

クルマの後部についているアルミキャップ「封印」の意味とは

 クルマのナンバープレートの左上に、丸くて小さなアルミキャップ、いわゆる「封印(ふういん)」が付いているのを見たことがありませんか?
 
 しかしナンバーの封印の存在は知っていても、何の意味があって付いているのか知っている人は多くありません。
 
 ここではクルマの後ろのナンバープレートに付いている封印の正体や、封印は外してしまっても平気なのかについて、解説していきます。

「横浜」ナンバーには「神」の文字が入った封印が備わります
「横浜」ナンバーには「神」の文字が入った封印が備わります

 クルマの後部のナンバープレートに付いているアルミキャップは「封印」と呼ばれる部品です。

 封印は、各都道府県でナンバープレートを発行する運輸支局(陸運局)において取り付けることになります。

 ただし例外として、公式に国土交通大臣から受託を受けた者でもおこなえることになっており、これらの者が運輸支局以外の場所で封印をおこなうことを一般的に「出張封印」と呼びます。

 出張封印は主に地域の行政書士などがおこなっています。

 封印には東京なら「東」、神奈川なら「神」というように、各運輸支局(陸運局)のある都道府県の頭文字を1文字刻印していますが、「大阪」と「大分」や、「福岡」と「福島」のように、頭文字一文字では区別ができない地域の封印は、誤認を防ぐために2文字刻印されています。

 ナンバープレートを扱う各地域の運輸支局で取り付けられ「しかるべき検査を受けてナンバープレートを取得した」という証しで封印されるのです。

 また封印は、一度取り付けたら破壊しないと取り外せない構造になっています。アルミプレートがナンバープレートを取り付けている左上のネジを覆うように取り付けてあることで、ナンバープレートの盗難防止にもなっています。

 ただし、軽自動車には封印が取り付けられていません。

 軽自動車のナンバープレートは「車両番号標」と呼ばれます。軽自動車検査協会において発行され、単に車両を識別するためのものに過ぎません。

 これに対し普通車のナンバープレートは、運輸支局においてしかるべき検査を受けて取得した「自動車登録番号標」で、封印は運輸支局が「財産」である自動車の所有を保証している証しという意味も含まれているのです。

※ ※ ※

 ナンバープレートの封印は、取り付けていないと法令違反になります。

 封印は、道路運送車両法の第二章第十一条において「取りつけを受けなければならない」と定められています。

 万が一、封印がない状態で公道を走ると、違反点数は2点、6ヵ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金となります。

 また前述の通り、封印は破壊しないと取り外せないようになっており、封印を破壊してまで公道を走っているクルマとなると、盗難などの犯罪を疑われる可能性もあります。

 必要がない限りは、ナンバープレートの封印を外してはいけません。

 基本的には外してはいけない封印ですが、車両の抹消登録やナンバー変更などの際には外す必要が出てきます。

 運輸支局(陸運局)において自分で車両抹消やナンバー変更などをおこなう場合には、みずから封印を外す必要が出てきますが、どのようにすればよいのでしょう。

 そのやり方は、マイナスドライバーがあれば外すことができます。手順は以下の通りです。

—-
1.マイナスドライバーを封印のふた(文字が書かれているアルミキャップ)に刺し、ふたを破る

2.その状態のままドライバーを動かし、テコの原理で封印を外す
—-

 手順はこれだけです。外すのは案外簡単ですが、封印を破壊する必要があるため、再度取り付けることはできません。

※ ※ ※

 意外とよく知られていないナンバープレートの封印ですが、上記の通り自動車登録の証明となるのに加え、盗難防止など重要な役割を担っている部品です。

 むやみに取り外したりすると法令違反になるので注意しましょう。

【画像】カラフルすぎる「ご当地ナンバー」急増中! 語呂合わせが楽しい希望ナンバーとの組み合わせも…写真で見る(24枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント