進化したヤマハ「TMAX560」2022年モデル 初代を彷彿とさせるイエローもラインナップ

ヤマハは、オートマチックスポーツ「TMAX560 TECH MAX ABS」および「TMAX560 ABS」をモデルチェンジし発売します。どのような進化を遂げたのでしょうか。

よりスポーティになったオートマチックスポーツ

 ヤマハは、オートマチックスポーツ「TMAX560 TECH MAX ABS」および「TMAX560 ABS」をモデルチェンジし、2022年7月7日に発売します。

【画像】ヤマハ「TMAX560」2022年モデルを画像で見る(15枚)

ヤマハ「TMAX560」2022年モデル
ヤマハ「TMAX560」2022年モデル

 2001年より日本市場に導入されたTMAXは、オートマチック「MAX」シリーズのフラッグシップといえる存在で、“Maximize the Moment”をコンセプトに開発された最新モデルでは軽量“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール)”、新タイヤ、スロットルケーブルを廃したAPSG(Accelerator Position Sensor Grip)の採用などによりスポーツ性能が向上しています。

 スポーティな乗り味をさらに引き出すため、ハンドル、シート、ステップのライディングポジション3点を一新し、従来モデルよりもわずかに前傾となった最新型では、ヤマハ初の電動タンクキャップ、スマートフォンとの接続でツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTメーターも標準装備されています。

 また、上位グレードのTMAX560 TECH MAXにおいては、TMAX560をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンション、夜間の視認性をサポートする光るハンドルスイッチ(一部TMAXにも採用)を搭載し、快適性を高めています。

ヤマハ「TMAX560」2022年モデル。TMAX560専用ナビアプリ「Garmin MotorizeTM」(有料)をインストールすればメーター画面でナビ機能も利用可能です
ヤマハ「TMAX560」2022年モデル。TMAX560専用ナビアプリ「Garmin MotorizeTM」(有料)をインストールすればメーター画面でナビ機能も利用可能です

 ヤマハとGARMIN社がTMAX560専用に共同開発した二輪ナビアプリ「Garmin MotorizeTM」(有料)をインストールすれば、メーター画面でナビ機能も利用可能な最新TMAX560の価格(消費税10%込み)は136万4000円からで、ボディカラーはTMAX560がイエロー、TMAX560 TECH MAXがマットダークグリーンとグレーの2色展開となっています。

提供:バイクのニュース

ホンダ「ADV350」公開 ADVシリーズ最新作登場!

カワサキ新型「J300」発表 デザインはまさにスクーター版「Ninja」?

もしもヤマハ「NMAX155」を買ったら? 便利すぎてオールインワンになるのがコワイ!?

ホンダ「フォルツァ125」新型登場 プレミアム感と空力性能の向上を両立した原付二種スクーター

ヤマハの原二スクーター「NMAX」を選ぶ理由は? ホンダ「PCX」との小さなHY戦争!?

【画像】ヤマハ「TMAX560」2022年モデルを画像で見る(15枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント