車載純正ナビでYouTube視聴は可能か? CarPlay搭載車でお気に入りアプリを使う方法

車載の純正カーナビを、レーダー探知器のようにできる「CarPlayアダプター」は、休憩中にYouTubeやNetflixも楽しめる便利アイテムでした。

車載純正ナビでスマホアプリを使いたい!

 Apple CarPlay搭載の車載カーナビに、アプリ「オービスガイド」を表示できないものか。レーダー探知器のように、エンジンスタートと同時に起動して使えたらどんなに便利だろう。

 ――今回、このようなApple CarPlay非対応のアプリを車載ナビで利用する方法を筆者(オービスガイド 大須賀克巳)が調べ、試した結果、解決できたので紹介したいと思います。

純正カーナビに2種類のアプリを分割表示(画像:オービスガイド)
純正カーナビに2種類のアプリを分割表示(画像:オービスガイド)

 私は、オービスガイドという移動式オービスや交通取締りを案内するスマートフォンアプリのいちユーザーであり、運営にも携わっておりますが、クルマを運転する際、スマホをホルダーにセットして、アプリを起動するという一連の動作が面倒だと常日頃感じていました。

 また、スマホを車内で起動し続けることは、長時間運転の場合は給電しないとスマホのバッテリーがなくなってしまうことも問題でした。

 最近の車載純正ナビは、Apple CarPlayやAndroid Autoが使える車種が増えています。そのためオービスガイドを楽に使うには、アプリをApple Car PlayやAndroid Autoに対応させるのがベストだと考えましたが、調べてみると開発面でのハードルが高いことが分かりました。

 現に、対応しているアプリは数がとても少なく、「Yahoo!カーナビ」「Googleマップ」「カーナビタイム」など大手企業が開発した一部に限られています。

 そこで、アプリを変えない方向でいろいろと調べてたどり着いたのが、Apple CarPlayアダプターやAndroid Autoアダプター(以下、CarPlayアダプター)という商品です。

 このCarPlayアダプターは、簡単に説明すると液晶画面と電話機能がない小さなスマホです。カードサイズの小さな箱型をしたこの機器は、CPUやメモリが搭載され、Android OSが動いています。クルマのUSBポートにケーブルでつなぐだけで、CarPlay対応の純正ナビ画面が、Androidタブレットのようになります。

 私が試した機器は「OTTOCAST AI BOXカーオーディオ U2-GT」という商品ですが、各社から同様の製品が発売されています。

 CarPlayアダプターは、ほとんどのアプリがGoogle Playストアからダウンロードして利用することが可能。早速、オービスガイドをダウンロードし、実際に走行しながら試したところ、きちんとオービスや取締りポイントの案内をしました。

 車載ナビの画面は大きいし、音もクルマのスピーカーから出るので高音質。スマホ単独でアプリを利用するのに比べてとても快適です。CarPlayアダプターにはGPSも内蔵されているので自車位置も正確に追従します。

 さらに、オービスガイドを起動したままエンジンを切れば、次回スタート時に、勝手にオービスガイドが起動してくれます。乗り降りの際にスマホをバッグから出し入れする必要もなく、スマホのバッテリーも減りません。CarPlayアダプターによりクルマの純正ナビをレーダー探知器のようにすることもでき、目的が達成されました。

【写真】純正カーナビが大変身! NetflixやTwitterなどが映る光景を見る (11枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 私もスバル車で脱獄iPhoneを使っております。
    iOS10でないとPrimeビデオが映せなかったのですが、YouTubeの対応iOSが変わり、現状YouTubeアプリが起動できない状態になり、CarPlayアダプターを検討しておりました。
    質問なのですが、接続・起動が困難だっということなのですが、実際にどのようなことを行ったら使えるようになったのかを教えて頂けませんか?