タフ顔の軽SUVがEV化! 三菱新型「eKクロス EV」はベース車と激似!? EVならではの強みとは?

三菱「eKクロス」のEVとして、新型「eKクロス EV」が発表されました。ベースとなるeKクロスとはどのようなところが異なるのでしょうか。

三菱の軽SUV「eKクロス」がEVになった!

 三菱が電気自動車(EV)の軽自動車として新型「eKクロス EV」を発表。2022年夏に発売されます。

 車名からもわかるように、新型eKクロスは軽ハイトワゴンの「eKクロス」をベースとしたEVです。

三菱新型「eKクロス EV」と「eKクロス」
三菱新型「eKクロス EV」と「eKクロス」

 外観も良く似ている両車ですが、中身はかなり違います。一体どのようなところが異なるのでしょうか。

 もともと「いい軽(=eK)」として誕生した「eKワゴン」ですが、2019年のフルモデルチェンジにおいて、SUVテイストのeKクロスが設定されました。

 軽自動車では標準仕様に加え、エアロパーツを装着したカスタム仕様をラインナップすることが多いのですが、三菱の場合はカスタム仕様ではなくSUV仕様の「eKクロスシリーズ」を設定。同社の強みであるSUVテイストを取り入れることで、他社との差別化を図っています。

 なお、eKクロスシリーズとして、全高が高いスーパーハイトワゴンの「eKクロス スペース」もあります。

 そして今回、新型eKクロス EVが追加設定されたのですが、eKクロスと全体のスタイリングは非常に良く似ています。フロントフェイスは新型「アウトランダーPHEV」や「デリカD:5」などと同様の「ダイナミックシールド」を」採用しました。

 ベース(ガソリン車)のeKクロスと異なる点として、新型eKクロス EVはエンジンが無く、中央の開口部が不要なため、フラッシュな面で下まで延長されたダーククロムメッキグリルを装着。クリーンなEVらしさを表現しました。

 さらに、バンパーガーニッシュはボディ同色としたほか(eKクロスはシルバー加飾)、四角いLEDフォグランプ(eKクロスは円形)を採用しており、都会的で洗練された印象です。

 加えて、eKクロス EVの15インチアルミホイールは精密機械を連想させる光輝切削のリムホイールがメカ感とスポーティさを表現するなど、全体的なスタイルはeKクロスと似ているものの、ひと味違った雰囲気を演出しました。

 また、フロントフェンダーパネル付近に、キャラクターラインと調和させた専用のEVバッジをあしらっています。

 リアは、フロントと同じくバンパーガーニッシュをボディカラー同色(eKクロスはシルバー加飾)とすることで、SUVらしさのなかにも洗練性を兼ね備えました。

 新型eKクロス EVのボディカラーは、新色の「ミストブルーパール」のボディに、電気銅線をイメージした「カッパーメタリック」の2トーンカラーのほか、EVらしいクリーンな色を用意。

 一方、eKクロスは、「サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド」や「オリーブグリーンメタリック×チタニウムグレーメタリック」といった、SUVらしい遊び心を表現したカラーを設定しています。

※ ※ ※

 新型eKクロス EVの内装は、「P」に「プレミアムインテリアパッケージ」(メーカーオプション)を設定。明るいライトグレーを基調とした、開放感のあるインテリアとしました。

 シートはダイヤ柄の立体エンボスを施したファブリックと合成皮革のコンビネーションシートにカッパー色のステッチを施し、プレミアムなイメージを演出。

 ディスプレイは先進的で直感的に操作できるグラフィックの7インチフル液晶ドライバーディスプレイと、さまざまな機能が搭載された9インチスマートフォン連携ナビゲーションが装着されます(一部グレードに標準装着)。

 さらに、新型eKクロス EVは駆動用バッテリーを薄型化して床下に配置したことで、EVであってもガソリン車とそん色のない、広々とした後席足元スペースを確保しました。

【画像】まるで「ミニデリカ」!? SUV風の新型軽EV「eKクロス EV」がタフすぎる!(41枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント