トヨタが新型「タコマ」をお披露目!? ブラック&クローム化! イメチェン「SX」&「Chrome」仕様を米国で発表へ

米国市場で人気の高いミドルサイズのピックアップトラックのトヨタ新型「タコマ(2023年モデル)」が発表されました。新たに「SR5」グレードに「SX」、「Chrome」という2種類のパッケージが追加されたようです。

新型「タコマ(2023年モデル)」登場! 2仕様の新パッケージを設定へ

 2022年5月17日、米国トヨタはミドルサイズのピックアップトラックとなる新型「タコマ(2023年モデル)」(以下新型タコマ)を発表するとともに「SR5」グレードに「SX」、「Chrome」という2種類のパッケージを追加しました。

新しい仕様が追加されたよ! 米国トヨタが発表した新型「タコマ(2023年モデル)」
新しい仕様が追加されたよ! 米国トヨタが発表した新型「タコマ(2023年モデル)」

 米国市場のミドルピックアップセグメントにおいて好調な売れ行きを続けているタコマ。

 タコマのグレードは、「SR」、「SR5」、「TRD Sport」、「TRD Off-Road」、「Limited」、「TRD Pro」、「Trail Edition」、「Nightshade Edition」がラインナップされています。

 新型タコマでは、新たに「SR5」グレードに「SX」と「Chrome」を設定したほか、「SR5(V6エンジン搭載モデル)」にスマートキー操作絹を追加。さらに「TRDPro」にはソーラーオクタンを専用カラーとして追加しました。

 SXパッケージは、これまでSRグレードに設定されていたV6エンジン搭載モデルのアクセスキャブ/ダブルキャブ(2WD/4WD)のみに設定されています。

 エクステリアは、ブラックのオーバーフェンダーを装備し、逞しいスタンスを演出。また、SR5の標準装備である16インチホイールをブラックホイールに変更しました。

 SXパッケージには、ブラックアウトトリムやブラックバッジを採用。アウターミラーにもブラックアウト処理を施し、ラグナットにもブラックホイールを採用するなど、細部にもこだわったほか、荷台部分にユニークなグラフィックロゴが付与されました。

 一方のChromeパッケージは、V6エンジン搭載モデルのダブルキャブ、5フィートベッド(2WD/4WD)のみに設定され、洗練された雰囲気をまとうことでこれまでとは異なるスタイルで登場します。

 クローム仕上げのドアハンドル、エキゾーストチップ(マフラーカッター)、テールゲートのタコマロゴ、そして18インチアルミホイールを装着。インテリアでは、シフトノブに本革巻きを採用し、インテリアの質感を高めています。

※ ※ ※

 また、今回の新型タコマと同時に米国トヨタにおけるフラッグシップピックアップといえる新型「タンドラ(2023年モデル)」も発表されています。

 2021年末に15年ぶりのフルモデルチェンジを遂げたタンドラ(2022年モデル)は、「SR」、「SR5」、「Limited」「Platinum」、「1794」、「TRD Pro」、「Cap stone」がラインナップされていましたが、今回の2023年モデルにてSR5グレードに随所がブラックアウトされたSXパッケージが設定されました。

【画像】なんかカッコいい! 新型「タコマ」のデザインに変化アリ? 異なる仕様の実車を見る!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント