日産が新型3列SUV「パスファインダー」連投!? 4仕様展開で豪にも投入 2022年後半発売へ

日産のオーストラリア法人は、現地仕様の新型「パスファインダー」のグレード展開や装備などを明らかにしました。

「ST」「ST+」「ST-L」「Ti」の各グレードを展開

 2022年5月17日(現地時間)、日産のオーストラリア法人は2022年後半にオーストラリア市場へ導入される新型3列SUV「パスファイダー」のグレード展開や装備内容などを発表しました。

日産 新型「パスファイダー」(オーストラリア仕様)
日産 新型「パスファイダー」(オーストラリア仕様)

 日産の海外専売SUVである新型パスファインダーは、米国で2021年6月に発売され、その後ほかの市場にも導入。オーストラリア市場でもおよそ1年遅れで導入されることになります。

 ボディサイズは全長5004mm×全幅1978mm×全高1810mmです。

 オーストラリア仕様の新型パスファインダーは、エントリーグレードから「ST」、「ST+」、「ST-L」、そして最上級グレード「Ti」の4グレードを展開。

 主要な装備として、日産独自の運転支援技術「プロパイロット」は「ST+」以上に装備されるほか、「ST-L」以上でリアサンシェードなどを、「Ti」のみの装備としてパノラミックガラスサンルーフや20インチアルミホイール、2列目キャプテンシート(7人乗り仕様)などを用意します。

 10.8インチのヘッドアップディスプレイや9インチタッチスクリーン、Apple CarPlay(ワイヤレス)・Android Auto(有線)、4口のUSB充電口などは全車標準装備です。

 新型パスファインダーは、最高出力275馬力・最大トルク340Nmを発揮する3.5リッターV型6気筒直噴エンジンを搭載。パドルシフト付きの9速ATが組み合わされます。

 4WD車は7種類の走行モードから選択可能です(2WD車は5種類)。

 日産のオーストラリア法人のアダム・パターソン氏は、「新型パスファインダーは、ファミリー層に向けて全面的に刷新されました」とコメントします。

【画像】5m級の3列SUVだ! 日産が新型「パスファインダー」を連投! 迫力ボディを画像で見る(26枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント