神殿のような巨大グリルがキラリと光る! ロールスロイス新型「ファントム」欧州で発表

ロールス・ロイス「ファントム」がマイナーチェンジを受け欧州で発表されました。いま若い富裕層に人気なんだそうです。グリルが光るのは最新の超高級車のトレンドなのかもしれません。

巨大フロントグリルの「パンテノングリル」が光る

 英ロールスロイスは2022年5月12日、改良新型「PHANTOM(ファントム)」を発表しました。

ロールス・ロイス改良新型「ファントム」
ロールス・ロイス改良新型「ファントム」

 ファントムは、ロールスロイスのフラッグシップモデルで、初代の登場は1925年という歴史を持つ1台です。

 現行ファントムは2017年に登場した8世代目(ファントムVIII)で、今回マイナーチェンジがおこなわれました。

 大きく変更されたのは、パンテオン神殿をモチーフとしたフロントグリル「パンテオングリル」です。「ゴースト」と同様にグリル自体が光る機能を採用。またパンテオングリルの上にデイタイムランニングライトから延長された水平のラインを装備。さらにグリルのデザイン変更により、「RR」バッジと「スピリット オブ エクスタシー」と呼ばれるマスコットが、より目立つようになりました。

 ヘッドライトはレザーカットベゼルで装飾されており、内部のスターライトヘッドライナーと合わせ、夜間における存在感を向上させています。

 また新しいデザインのホイールデザインを採用。三角形のモチーフを持つ「3Dミルドステンレスホイール」はフルポリッシュ仕上げまたはパートポリッシュ仕上げのいずれかを選択できます。また1920年代のロールス・ロイスを彷彿とさせるエレガントなディスクホイールも用意されます。

 インテリアについてほとんど変更はなく、従来の豪華さはそのままです。ステアリングホイールの厚さが若干厚くなった程度だといいます。

 ロールス・ロイスのCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏は「ファントムは、ラグジュアリーの頂点に立つ、比類なき存在です。ロールス・ロイスのデザイン、エンジニアリング、クラフトマンシップの粋を集めた最高峰の製品であり、ビジョン、創造性、最高級の素材、技術、忍耐力、精密さが完璧に融合した製品なのです。改良したシリーズIIでは、この最高級のラグジュアリーアイテムがお客さまに愛されていることをすべて維持し、守っています」とコメントしています。

ロールス・ロイス・ファントム のカタログ情報を見る

【画像】いつかは乗ってみたい…ロールス・ロイス新型「ファントム」を画像でチェック(33枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー