ド迫力煌めく「デコトラ」誕生! なぜ「一番星号」を完全再現出来た? 「トラック野郎」への熱い想いとは

映画「トラック野郎」で有名な「一番星号」を忠実に再現した車両が存在しています。どういった経緯で製作に至ったのでしょうか。

「一番星号」の製作は偶然の出会いから

 1975年から1979年にかけて公開された映画「トラック野郎」シリーズは、40代以上の年代を中心に幅広いユーザーに人気の作品です。
  
 派手な加飾が施された大型トラック“デコトラ”の運転手である主人公の星桃次郎(愛称「一番星号」)をメインに、愉快で熱い仲間たちが登場します。
 
 その一番星号を忠実に再現した車両が存在しています。どういった経緯で製作に至ったのでしょうか。

よくここまで再現できた! これはすごい! 映画「トラック野郎」9作目「熱風5000キロ」仕様のを再現! 一番星号の制作秘話とは(画像提供:冬の下北はぐれ鳥 )
よくここまで再現できた! これはすごい! 映画「トラック野郎」9作目「熱風5000キロ」仕様のを再現! 一番星号の制作秘話とは(画像提供:冬の下北はぐれ鳥 )

 桃次郎の愛車であるデコトラは、一番星号と呼ばれ、劇中の激しいカーアクションでも活躍。

 トラック野郎にとって、外せない重要な存在となっています。

 そんな一番星号を再現したデコトラが最近公道で目撃され、SNSで大きな話題となりました。

 目撃情報を集めたデコトラは、トラック野郎シリーズ第9作目「熱風5000キロ」で登場する一番星号の仕様となっており、サイドに大きくデザインされたトビウオや「一番星 桃次郎」や「日本列島ひとり旅」の文字などが印象的です。

 カスタムは、劇中の一番星号をかなり忠実に再現されたものとなっており、実際に見た人からは「一番星号だ!!!」「カッコ良すぎる!」「憧れの1台」と称賛の声が挙げられています。

 実は、この熱風5000キロの一番星号は、個人オーナー、齋藤氏の所有車でイチから作り上げたデコトラとなっています。

 一体、どのような経緯で再現車両の製作に至ったのでしょうか。

 齋藤氏は、製作の経緯について「トラック野郎が好きで、一番星号に乗りたいという強い想いがありました。そこで『乗りたいなら作ってしまおう!』という考えに至り、再現車両の製作を決めました」と話します。

 製作は2007年頃におこなわれたそうで、実際のカスタムは群馬県伊勢崎市でボデー屋(トラックの加飾をおこなうカスタムショップ)を営んでいた、ダイヤ工業が依頼を受けてくれたといいます。

 この、ダイヤ工業との出会いも齋藤氏の一番星号の誕生にあたって、非常に重要なものになったそうです。

「当時、ベース車両を購入済みだったので、一番星号の製作に使えるパーツはないかと探していました。その際、たまたま立ち寄ったのがダイヤ工業です。

 ベースのクルマやこれから施したいカスタムについて話したところ、『それならうちで製作しますよ』と作業を請け負ってくれました。良い出会いがあって、製作してもらうことができました」(齋藤氏)

 ベース車両は、埼玉県に店を構える埼玉ボデーから購入。

 その後、ダイヤ工業の金塚氏が担当して加飾をおこない、徐々に一番星号の完成に近づけていくことができたそうです。

 そんな偶然の縁によって生まれた齋藤氏の一番星号。

 齋藤氏は注目してほしいポイントについて「部分的に見てほしいというより、全体的に見てほしいという想いがあります。ただ、トラック野郎のファンの方ですと、見てもらいたいと言わずとも、皆さんまじまじと見てくださいます」と笑顔で話します。

 1番のこだわりは「劇中車両が忠実に再現されていること」だといい、トラック野郎のファンの人からは、写真を撮られたり、「横にクルマ並べてもいいですか?」と声をかけられたりすることも少なくないようです。

「サービスエリアやパーキングエリアで、食事をしてクルマに戻ると、必ずといっていいほど、写真を撮っている方などがいらっしゃいます。どこに停めても必ず数名から声をかけられますよ(笑)」

 このように話す齋藤氏ですが、実は一番星号は普段から日常的に乗車しているわけではなく、イベントに招待された際などに限定的に乗っているのだそう。

 今回はSNSで目撃情報が相次いで見られましたが、実際に目撃できたユーザーはかなりラッキーといえるでしょう。

※ ※ ※

 そんな一番星号は、仕事用ではなく、完全に趣味の1台として専用の保管場所で保管されているそうです。

 走行する際は、基本的に齋藤氏自身が運転しているようなので、もし見かけた際には、声をかけてみるのも良いかもしれません。

【画像】よくここまで再現出来たね! この「一番星号」はマジでスゴい! 「熱風5000キロ」仕様の実車を見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント