今度は限定125台! 売り切れ必至のアウディ「A1シティカーバー」第2弾登場 A1スポーツバックとどう違う?

2020年11月に限定250台で日本に初導入されたアウディ「A1 citycarver(A1シティカーバー)」ですが、今回あらたに日本で限定モデルとして発売されました。

ベースのA1スポーツバックより最低地上高を40mmアップ

 アウディジャパンは2022年4月26日、プレミアムコンパクトハッチバック「A1スポーツバック」をベースとした限定モデル、新型「A1 citycarver(A1シティカーバー)」を発表、発売しました。

アウディ「A1シティカーバー・ブラックスタイルプラス」
アウディ「A1シティカーバー・ブラックスタイルプラス」

 A1シティカーバーは、Bセグメントハッチバック「A1スポーツバック」をベースにしたモデルで、日本では2020年11月に250台の限定モデルとして登場しました。

 今回発表の「A1シティカーバー・ブラックスタイルプラス」はA1スポーツバックをベースにしたモデルで、オフロードイメージを高めたデザインです。全長4050mm、全幅1755mmとコンパクトサイズですが、A1スポーツバックより最低地上高を40mmアップし、全高は1485mmになっています。それでも多くの立体駐車場に入る大きさで、日本の道路環境にもマッチしています。

 エクステリアはオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルやオフロードルックの専用デザインを採用。ブラックのアウディエンブレムやミトスブラックメタリックのコントラストルーフ、プライバシーガラス、ブラックアピアランスパッケージ、5スポークYスタイル17インチアルミホイールにより、力強いイメージを増しています。

 またインテリアは、A1「advanced」グレードと共通のデビュークロス/ブラックとスチールグレーの組み合わせにより、内外装の統一感を演出しています。さらに、コンビニエンスパッケージをはじめ、運転支援システムのアシスタンスパッケージ、インテリアライティングパッケージなど、人気のオプションを標準装備としています。

 パワーユニットは最高出力116馬力・最大トルク200Nmを発生する1リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。組み合わされるトランスミッションは乾式デュアルクラッチの7速Sトロニック(DCT)です。

 ボディカラーはクロノスグレーメタリックとアローグレーパールエフェクト。2色合計、限定125台となります。消費税込みの車両価格は464万円です。

アウディ・A1 のカタログ情報を見る

【画像】アウディ新型「A1シティカーバー」ってどんなクルマ? 【画像】で見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント