初公開の新型5m級SUV「パリセード」は巨大グリルでオラ顔強調!? 縦ライトで存在感演出 2022年夏に米で発売

ヒョンデが2022年4月13日に米国で新型「パリセード」を発表しました。フロントフェイスが刷新された、ヒョンデの3列シートSUVとなります。

大型グリル採用で迫力バツグン!

 韓国大手自動車メーカーのヒョンデは、「パリセード」の新型モデルを2022年4月13日に米国で発表しました。

 全長約5m級のSUVとなるパリセードですが、フロントフェイスの刷新などを受けた新型モデルはどのような特徴があるのでしょうか。

ヒョンデ新型「パリセード」
ヒョンデ新型「パリセード」

 新型パリセードは、今回の改良でフロントフェイス下部まで伸びる大型フロントグリルに刷新。

 日本市場では、ミニバンや軽自動車で人気のエアロ仕様(カスタム仕様)でみられるようなグリル形状となりました。

 縦長に光るデイライトのデザインも特徴的で、迫力ある顔つきに貢献します。

 また、パリセードは3列シートを備えた多人数乗車可能なSUVですが、新型モデルは3列目にヒーター機能を追加。3列目シートヒーターはヒョンデ車として初だといいます。

 多人数乗車時の快適性も確保された新型パリセードですが、米国市場では2022年夏に実車がディーラーに到着するとアナウンスされています。

 それではここでクイズです。

 世界各国でさまざまなSUVを販売するヒョンデ。韓国では、フラッグシップSUVのパリセードをはじめ、8車種のSUVをラインナップします。

 このなかで、1車種だけ韓国の超小型車規格(キョンチャ、日本でいう軽自動車)に適合するSUVが存在します。そのSUVの車種名は、次のうちどれでしょうか。

【1】サンタフェ

【2】ネッソ

【3】キャスパー

【4】コナ

※ ※ ※

 正解は【3】の「キャスパー」です。

 キャスパーは2021年9月1日に韓国で初公開されたSUVで、ボディサイズは3595mm×全幅1595mm×全高1575mm。

 当初乗用モデルだけでしたが、2022年2月3日には商用モデルも追加されました。

【画像】グリルでかすぎ!? 5m級ボディの新型SUV「パリセード」初公開! 画像で見る(50枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 三菱と紅旗混ぜたらこんな見た目になりそう

  2. デザインはパクリ
    安全性は底辺
    こんな車いらない