スバル新型SUV「ソルテラ」超豪華仕様は750万円超となるか!? 自ら発電もしちゃう最上級車の姿とは?

スバルの新型EV「ソルテラ」が2022年4月14日に正式発表されました。先進的な機能が数多く搭載されますが、最上級仕様にメーカーオプションを装着した仕様はいくらになるのでしょうか。

最上級グレードはAWD仕様のみ

 スバルは、新型EV「ソルテラ」を2022年4月14日に正式発表しました。トヨタとの共同開発によって誕生したSUVタイプのクルマで、トヨタ版は「bZ4X」としてラインナップされます。

 SUVらしい悪路走破性を備えるほか、利便性を高める各種先進機能が搭載された最新EVのソルテラですが、最上級グレードにオプションをつけた仕様では総額いくらになるのでしょうか。

 最上級グレードに設定されるなかで、もっとも豪華なメーカーオプションを選択した仕様で検証します。

スバル新型「ソルテラ」
スバル新型「ソルテラ」

 ソルテラは、「ET-SS・FWD」「ET-SS・AWD」「ET-HS・AWD」というグレードが展開されます。価格(税込)は順に、594万円、638万円、682万円です。

 最上級グレードのET-HS・AWD(以下、ET-HS)は、20インチアルミホイール(他グレードは18インチ)を装備するほか、11スピーカーのハーマンカードンサウンドシステム、前席のベンチレーション機能、タン(黄土色)の本革シートなど、各種専用装備を採用。

 また駐車支援装備「Advanced Park」で、専用スマホアプリを介してリモートで駐車・出庫ができる機能も、ET-HSグレードにのみ搭載されます。

 そんなET-HSグレードですが、メーカーオプションとして「ソーラールーフ」と「パノラマムーンルーフ+ルーフレール(セットオプション)」の2種類の装備が設定されます。

 どちらもルーフの仕様に関わるメーカーオプションなので、ふたつとも装着することはできません。

「ソーラールーフ」は、ルーフに搭載される太陽光パネルで発電し、EVユーザーが気になる航続距離を延長する装備となります。駐車中は駆動用バッテリーを充電し、走行中はライトなどへ給電。

 ET-HSグレードにのみ設定されるメーカーオプションで、価格は55万円です。

 なお、ソーラールーフと同時装着不可の「パノラマムーンルーフ+ルーフレール(セットオプション)」は22万円。後席の頭上にもガラス面を備え、車内に開放感をもたらします。

 陽射しが強い場合には、電動ロールシェードで遮光も可能です。

 ちなみに、ディーラーオプションとして装着率の高いETCについて、ソルテラでは全車に標準装備。高速道路の情報提供サービスを利用できる次世代ETC「ETC2.0」を採用し、ロングドライブでもソルテラを便利に使うことができます。

※ ※ ※

 今回は、ET-HSグレードにEVならではといえるメーカーオプション「ソーラールーフ」を装着したほか、その他のメーカーオプション(有償色)も選択。

 さらに、定番のディーラーオプションとしてフロアマット(フロアカーペット)も装着した結果、オプション一覧は次のようになりました。

●メーカーオプション(総額:66万円)

・有償色:ハーバーミストグレーパール/ブラック(11万円)

・ソーラールーフ(55万円)

●ディーラーオプション

・フロアカーペット(4万6640円)

 以上の装備を選択したソルテラ ET-HSグレードの総額は、752万6640円となりました。

 リモート駐車・出庫も可能な先進の駐車支援装備、航続距離延長に寄与する「ソーラールーフ」、そして上質な本革内装などを兼ね備えたソルテラは、ハイクオリティなカーライフの頼もしい相棒になってくれることでしょう。

【画像】豪華さが溢れ出る!? スバル新型SUV「ソルテラ」最上級仕様を画像で見る(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント