一番売れたメルセデス・ベンツ車はなんと「Gクラス」! 1000万円超えのSUVがいま大人気の理由とは

Gクラスは景気に左右されない、ひたすらに根強い人気を誇る

 それには、いくつかの要因が絡み合っていると思います。

メルセデスAMG「G63」のフロントフェイス
メルセデスAMG「G63」のフロントフェイス

 まず、重要なのはGクラスのデザインでしょう。丸いヘッドライトに直線基調のボディ。クラシカルでありながらも、わかりやすい力強さを備えています。この「力強い!」というイメージがGクラスの人気の根源にあることは間違いありません。

 またGクラスは、もともと軍用車「ゲレンデヴァーゲン」として開発され、それを民生用に転換されたもの。“なんちゃって”のSUVではなく、本物の軍用車をルーツとするオフローダーなのです。その「本物感」もGクラスならではの魅力です。

 さらにGクラスは、メルセデス・ベンツのSUVラインナップのなかでも最上級クラスの扱いを受けています。端的にいえば、高額です。

 エントリーグレードとなる「G350d」でも1294万円。上位グレードであれば1700万円を超え、高性能なAMGであれば2200万円以上もするのです。

 つまり、見るからに「力強そう」であり、由来は「軍用車」、そして「価格も高い」というのがGクラスです。

 そうした力強く、タフで高いクルマが欲しいという人は、いつの時代も一定数いるもの。そうしたニーズに、わかりやすいキャラクターで提示されているのがGクラスです。

 実際にメルセデス・ベンツ日本の広報にたずねれば、いつだって「Gクラスの販売は、非常に安定しています」と同じ答えが返ってきます。これは最近だけの話ではなく、10年前もそうでした。景気に左右されない、ひたすらに根強い人気を誇っているのです。

 今回、コロナ禍と半導体不足、そして原油の高騰というトリプルパンチにより、メルセデス・ベンツの多くのモデルが販売を落としましたが、そんな逆風の中でもGクラスは安定していた。それが、今回のベストセラー獲得の理由といえるでしょう。

メルセデス・ベンツ・Gクラス のカタログ情報を見る

老若男女憧れの1台!メルセデス・ベンツ「Gクラス」を画像でチェック(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント