すげぇ! ドローン発着可な日産レスキュー車「フロンティアセンチネル」がカッコいい 伯で発表されたタフ顔仕様とは

日産「フロンティア」をレスキュー仕様にした「フロンティアセンチネル」は、ドローンの収納スペースを搭載。さらに、ロープ、斧、フック、工具箱などを保管できる電動ボックスも! どんなクルマだったのでしょうか。

ドローン搭載! 青×黄のレスキュー仕様がカッコいい

 日産のブラジル法人は、タフなデザインを強調したレスキュー車「フロンティアセンチネル」(コンセプト)を製作し、サンパウロモーターショー2018で提案していました。

 同社の技術とフロンティアの悪路走破性を生かしたレスキュー車だといいますが、どのような個性を持つクルマだったのでしょうか。

日産「フロンティアセンチネル」
日産「フロンティアセンチネル」

 フロンティアセンチネルは、日産の海外専売ピックアップトラック「フロンティア」をベースに開発。

 さまざまなタイプの地形に対応するための頑丈な外観と装備を備えた、レスキューミッション用に仕上げられました。

 車載装備として、同社のEV「リーフ」用のバッテリーがふたつ積載され、他の非常用機器への電力供給を支援することができます。

 付属の電動ボックスには、ヘルメットや懐中電灯をはじめ、手袋、ロープ、斧、フック、工具箱などが入ります。

 また、ピックアップトラックの荷台部分の上部には、ドローンを収納するためのスペースも確保。さらに、ドローンの発着エリアも確保され、ドローンを活用したレスキュー活動も想定されている点が特徴的です。

 外観は、絶滅危惧種の鳥「アオコンゴウインコ」にインスパイアされたブルーのボディカラーが目を引きます。また内外装の随所にイエローの差し色が配され、ポップな印象も強調されました。

 タイヤは、本格的なオフロードタイヤ(ヘビーデューティGTラジアル285/75R16アドベンチャーMTタイヤ)を装着し、あらゆる路面状況が想定されているとわかります。

※ ※ ※

 レスキュー仕様でありながら、タフさだけでなくポップな雰囲気も感じさせるフロンティアセンチネルは、日産ブラジル法人によるユニークなコンセプトの提案だったといえるでしょう。

【画像】タフでド派手なレスキュー仕様!? 日産「フロンティアセンチネル」がカッコいい 画像で見る(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 《 欲しい!》の一言
    フロンテアなら名前に関わらず『ダットサン ピックアップ』・・世界を制覇した日産 否、日本の誇り。右仕様/左仕様ともステアリング設定あるのだから日本でも発売すべき。今なら売れること間違いなし。一攫千金のZも良いが 確実なニーズ持つ大きなマーケット逃す愚かなマーケティング