グーグルマップで ”有料道路の料金表示” に「神アプデ」と反響多数! 一方「狭い道の案内やめて」と要望も

「グーグルマップ」のナビゲーション機能がより使いやすくアップデートされます。これについて、SNSではさまざまな意見が寄せられているのですが、一体どのような反響があるのでしょうか。

グーグルマップに「有料道路の価格表示」追加!ユーザーの反応は?

 米グーグル社は、地図アプリ「グーグルマップ」を更新し、ナビゲーション機能をアップデートすると2022年4月5日(現地時間)に発表しました。

 これについて、SNSではさまざまな意見が寄せられています。

グーグルマップ良アプデに反響続出!(画像はイメージ)
グーグルマップ良アプデに反響続出!(画像はイメージ)

 従来から、グーグルマップで目的地までのルートを検索したとき、高速道路でのルート、一般道路でのルートなど、状況に応じた複数のルートが表示されますが、今回のアップデートでは、ルートに有料区間が含まれる場合、通行料金が表示されるようになります。

 料金は、支払方法や曜日・通過時刻などの条件を考慮。またオプション設定では、従来どおり有料道路や高速道路を検索から除外することも可能です。

 AndroidとiOSともに、日本をはじめ、米国、インド、インドネシアの約2000の有料道路の通行料金が表示されるようになり、近日中にアップデートが実施される予定です。

 さらにナビゲーション機能では、ルート上の信号や一時停止などの標識、建物の輪郭や名所などの詳細も表示されるようになります。

 これらの新しいナビ機能は、Android、iOS、Android Auto、CarPlayで、今後数週間のうちに一部の国で展開されます。

 今回のグーグルマップのアップデートについて、SNSでは「これは良き」「マジで助かる」「待ってました」「神アプデ」など、の反響の声や待ちわびていたと期待を寄せる声が多くあげられています。

※ ※ ※

 その一方で、グーグルマップといえばルートを検索した際にクルマでは通れないような細い道を案内されることも多々発生しています。

 これについて、「険しい道通さないで欲しい」「そんな事より狭い道にばかり行かそうとするのやめてもらえませんかねグーグル先生」「グーグルマップで前に逆走させられそうになった」「初見殺しの道路とか案内するのはやめてほしい」などの要望も見受けられます。

【画像】「待ってました」の声多数! グーグルマップ新機能って具体的にどう変わる? 画像で見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事