スマート「#1」世界初公開! EV専業ブランドになった新生スマート第1弾はSUV型EVで登場

20世紀の終わりに2人乗りのマイクロカー「フォーツー」が誕生、一斉を風靡したsmart(スマート)ですが、2022年4月、EV専業ブランドとして生まれ変わった新生スマートから「#1」が世界初公開されました。

メルセデス・ベンツとジーリーの合弁会社となった第1弾は全長4270mmのSUV型EV

 独スマートヨーロッパGmbHは2022年4月7日、「smart #1(スマート#1)」を世界初公開しました。

2022年4月7日に世界初公開された新型スマート「#1」
2022年4月7日に世界初公開された新型スマート「#1」

 スマート#1は、電気自動車(EV)専業ブランドとして生まれ変わったスマートのEV第1弾として登場しました。

 スマートがメルセデス・ベンツと吉利汽車(ジーリー、中国)との新しい合弁会社となって最初のモデルで、「将来のアーバンモビリティに最適なソリューションを探求し、強力なブランド体験をともに創造する」というブランドのビジョンを反映しているといいます。

 スタイリングはSUVタイプとなっており、ボディサイズは全長4270mm×全幅1822mm×全高1636mm、ホイールベース2750mmと、Bセグメント・コンパクトSUVカテゴリーに属します。

 荷室は通常時273リッター、最大411リッターの容量を持っています。またフロントボンネット下にも15リッターのスペースを持っています。

 200kW(272馬力)・343Nmを発生するモーターを搭載、後輪を駆動します。最高速度は180km/hとハイパフォーマンスとなっています。また66kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載、最大航続距離(WLTP)は420kmから440kmです。

 登場したグレードは発売記念の「ローンチエディション」と「プレミアム」の2種類。インテリアは12.8インチのタッチスクリーンが目を引きます。

 デザインはエレガントで、メルセデス・ベンツの高品質を継承。エアロダイナミクスにも優れ、Cd値は0.23を実現しています。

 メルセデス・ベンツAGのチーフデザインオフィサーであるゴードン・ワグナー氏は「新型スマート#1は、スマートブランド再開を意味し、新しいデザインDNAを持っています。それは、成長し、クールで、スマートなソリューションで美しさを体現しています。新しく、新鮮で、魅惑的です。新型スマート#1は、スマートが主要なデザインブランドになる可能性を秘めています」とコメントします。

 スマート#1は2022年後半から生産を開始、2023年には中国および欧州で発売される見込みです。価格はまだ発表されていません。
 
 ※ ※ ※

 スマートは、スイスの時計メーカーの「swatch(スウォッチ)」社とダイムラー・ベンツ(当時)が合弁で1994年に設立したMMCがつくった自動車ブランドです。1998年に2人乗りマイクロコンパクトカー「フォーツー」が製造されました。

 その後、スマートの事業はダイムラー・クライスラー(当時)に移行。社名も「smart」社に変わりました。フォーツークーペ/フォーツーカブリオのほか4人乗りの「フォーフォー」、コンパクトスポーツモデル「スマートロードスター」などが発売されました。

 2014年には第3世代へと移行。このモデルはルノーと共同開発され、「トゥインゴ」と同じプラットフォームを採用。

 2019年にはスマートが完全EVブランドになると発表されています。今回のスマート#1は、新生スマートの第1弾モデルとなります。

【画像】新型「スマート#1」とかつてのスマートをチェック(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント