開幕投手! 大谷翔平選手の愛車は? 1000万円超えのSUV? 先進デザイン採用する愛車とは

米国・大リーグが開幕。エンゼルス・大谷選手が1番打者&開幕投手で登場しました。果たしてホームラン1号や開幕投手になれるのでしょうか。そして、そんな大谷選手の愛車はどのようなものなのでしょうか。

大谷選手が開幕投手! 「オオタニサン」の愛車は?

 2022年4月7日(現地時間)に米国・大リーグが開幕しました。
 
 日本人選手としてはエンゼルスの大谷翔平選手が開幕投手かつ1番打者として出場しています。
 
 2021年シーズンは、投手として2ケタ勝利目前、打者としてはホームランダービーを争うなど活躍が連日のように話題となりました。
 
 そんな大谷翔平選手は、どのようなクルマに乗っているのでしょうか。

2022年シーズンのエンゼルス開幕投手! 大谷翔平選手の愛車はどんなクルマ?  (photo:Getty Images)
2022年シーズンのエンゼルス開幕投手! 大谷翔平選手の愛車はどんなクルマ? (photo:Getty Images)

 2022年シーズンのエンゼルスの開幕投手となった大谷翔平選手。

 2021年7月には日本人初のホームランダービーに出場。そして、オールスターゲームでは「1番DH」で出場するに加えて、先発して1回無失点で勝利投手に輝くなど、二刀流が大きな話題となりました。

 そんな大谷翔平選手。の愛車としてかつて報道されたのがテスラのSUVとなる「モデルX」です。

 愛車とみられるのは2015年から発売されているSUVタイプの電気自動車(EV)となり1000万円以上となります。

 バリエーションは、デュアルモーターAWDの「モデルX」とトライモーターAWDの「モデルX Plaid」が設定されています。

 それぞれのスペックは、0-100 km/h加速がモデルX(3.9秒)、モデルX Plaid(2.6秒)、最高時速がモデルX(250km/h)、モデルX Plaid(262km/h)。

 航続距離(推定)はモデルX(560km)、モデルX Plaid(536 km)となっています。

 テスラは公式サイトにてモデルXについて「電気自動車としてゼロから設計しました。バッテリー、モーター、エクステリアのエアロダイナミクスなど、それぞれのコンポーネントが互いに最適化され、これまで生産された自動車のなかでも最高レベルの効率性に達し、信じられないほどパワフルな車となりました」と説明しています。

 一方の大谷翔平選手は、2019年9月に怪我の手術やリハビリの合間を縫って、運転免許を取得したといい、過去にはモデルXを自ら運転してキャンプインや球場入りしている姿が報じられています。

 2021年の春キャンプの際には、大谷翔平選手がモデルXに乗る映像を見たテスラの取締役・水野弘道氏がツイッターにて「Good choice, Shohei(いい選択だね、翔平)」と投稿。

 さらに、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏もハートマークの絵文字と日本の国旗の絵文字で返信する形で反応したことも話題となりました。

※ ※ ※

 2022年シーズンが開幕した大リーグ、そしてエンゼルス。

 大谷翔平選手が今年こそ「本塁打王」、「2ケタ勝利」「2年連続MVP」に輝くことが出来るのか、目が離せません。

テスラ・モデルX のカタログ情報を見る

【画像】これが大谷選手の愛車! 1000万円超えSUVの内外装が凄い!(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント