マツダ新型SUV「CX-60」国内初公開! マツダ初のPHEV車を設定 2022年初秋に発売へ

マツダは、2022年4月7日に新型SUV「CX-60」の日本仕様を公開しました。PHEVを含む4つのパワーユニットを設定します。

PHEVを含む4つのパワーユニットを設定

 マツダは、2022年4月7日に新型SUV「CX-60」の日本仕様を公開しました。

マツダ新型「CX-60」(日本仕様)
マツダ新型「CX-60」(日本仕様)

 新型CX-60のボディサイズは全長4740mm×全幅1890mm×全高1685mm、ホイールベース2870mm。

 時代の要求に応える環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもって運転を愉しめる「ドライビングエンターテインメントSUV」をコンセプトとした、2列シートミッドサイズSUVと謳われます。

 また、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のさらなる進化に挑戦。自然と調和する日本人の感性を活かしたタフさと緻密さを、その骨格や空間構成から表現しました。

 パワーユニットは、2.5リッターガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」、直列6気筒ディーゼルエンジンに電動化技術M HYBRID BOOST (48V マイルドハイブリッド)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」。

 排気量アップによる高出力化とクリーンな排ガス性能を同時に実現した直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」、軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する2.5リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」の4種類を設定。

 トランスミッションはダイレクト感と伝達効率に優れる新開発のトルコンレス8速ATを組み合わせます。

 また縦置きエンジンに対応するプラットフォームを採用しました。

 さらに、ドライバーの発作・急病などの異常を検知し、事故の回避・事故の被害軽減を支援する、「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用。

 加えて、より安心・安全な運転の実現を目指して、お客さまに合わせたドライビングポジションの調整支援をおこなう「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用した仕様を設定します。

 マツダの執行役員国内営業担当の東堂一義氏は、次のようにコメントしています。

「CX-60は、すべての領域で意のままの走り、クラフツマンシップ、デザイン、安全性能を上質に磨き上げました。現在マツダ車をお乗りのお客様へ魅力的な選択肢をご提供することはもちろん、プレミアムブランドに対する選択肢として『上質』を求められるお客さまにお薦めできる一台です」

 新型CX-60の日本での発売は2022年初秋を予定しています。

【画像】ついに国内公開! マツダ新型SUV「CX-60」登場! 実車を画像で見る(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント