トヨタの「4500万超えクルーザー」が超絶進化!? カーデザイン採用の「Z Grade」とは

モデリスタは、TOYOTA MARINEとコラボレーションした「PONAM-31」に「Z Grade」を追加したと発表しました。いったいどのようなものなのでしょうか

トヨタの4500万円のクルーザーってどんなもの? モデリスタデザインが活かされた「PONAM-31 Z Grade」とは
トヨタの4500万円のクルーザーってどんなもの? モデリスタデザインが活かされた「PONAM-31 Z Grade」とは

TOYOTA MARINE が企画・開発した「PONAM-31 Z Grade」

 トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、モデリスタブランドでTOYOTA MARINE(トヨタ自動車株式会社 マリン事業室/以下トヨタマリン)とコラボレーションした「PONAM-31 Z Grade」を発表しました。
 
 いったいどのようなものなのでしょうか。

 PONAM-31は海における『Fun to Drive』を目指し、卓越した走行性能、美しいスタイリング、高い機能性や居住性などを目指して開発されたクルーザーです。

 今回のZ Gradeは、さらなる利便性とスタイリッシュさを追求すべく、モデリスタの開発本部デザイン部とトヨタマリンがコラボレーションしてデザインされました。

 コラボレーションでは、モデリスタの「Resonating Emotion ~響感の創造~」のデザインフィロソフィーを応用し、「Luxury Party Style & Workcation Utility」とデザインテーマを定義。

 ツートンでカラーリングされた船体は、マリンブルーに映えるスタイリッシュな印象となっており、さらにシルキーゴールドで彩られたガーニッシュやイルミネーションによって、優雅でラグジュアリーなクルーザーになっています。

 新たに追加されたZ Gradeは2022年3月31日よりトヨタマリンで受注開始となっています。

【画像】4500万円オーバー!トヨタ製クルーザーの内装外装をもっと見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント