マツダの次期型「最上級セダン」は登場しない? 欧州関係者「マツダ6を発売する予定ない」 真意はいかに

「マツダ6」はマツダのフラッグシップセダンとしてグローバルで販売されています。その一方で欧州マツダの関係者は「次期型マツダ6を発売する予定ない」というようなコメントを欧州メディアが報じています。果たしてその真意とはどのようなものなのでしょうか。

次期型マツダ6はもう出ないのか? FR+直6の新型車はすべてSUVに?

 マツダのフラッグシップセダンである「マツダ6」の次期型は、新開発のFRプラットフォーム×直列6気筒エンジンの組み合わせで登場すると噂されていました。
 
 しかし、最新の情報ではそうした情報は否定されてしまったようです。

インスタグラムでは新型「CX-60」のフェイスデザインを流用した次期型「MAZDA 6」を予想するレンダリングが投稿されている(Photo:Sugar・Chow)
インスタグラムでは新型「CX-60」のフェイスデザインを流用した次期型「MAZDA 6」を予想するレンダリングが投稿されている(Photo:Sugar・Chow)

 マツダ6は、マツダのラインナップのなかでもフラッグシップに位置するモデルとして君臨してきました。

 現行モデルは当初「アテンザ」の名で2012年に発売されましたが、2019年のマイナーチェンジの際に、日本での名称もアテンザのグローバル名であるマツダ6へと統一されました。

 現在販売されているマツダ6には、セダンとステーションワゴンが設定されており、それぞれに2リッターガソリンエンジン、2.5リッターガソリンエンジン、2.5リッターターボエンジン、そして2.2リッターディーゼルエンジンと、多彩なパワートレインを用意。

 駆動方式はFFと4WDから選択できますが、4WDは2.2リッターディーゼルエンジンのみの設定となっています。

 そんなマツダ6ですが、現行モデルはアテンザの名で登場した2012年からすでに10年が経過しており、随所に古さが見え隠れするようになったことで、かねてより次期型の登場が噂されていました。

 これまで有力な情報だったのは、新開発されるFRプラットフォームに、同じく新開発の直列6気筒エンジンを搭載したモデルとして登場するというものです。

 さらに、派生車種としてクーペモデルもラインナップされるという情報もありました。

 それを裏付けるものとして、2017年に開催された東京モーターショーでは、次世代のマツダデザインを示唆するモデルとして「ヴィジョン クーペ」が公開されていました。

 しかし、2022年3月に入り、FRプラットフォーム+直列6気筒エンジンのマツダ6、さらには次期マツダ6自体が登場しないという情報が海外を中心に話題になっています。

 いくつかの海外メディアは、マツダモーターヨーロッパの幹部によるコメントとして「マツダ6の後継車やその派生モデルのクーペを発売する予定がない」ということを報じています。

 一方で、直列6気筒エンジンを搭載する新モデルの開発自体は進められていることが明らかにされています。

 マツダでは、2022年3月8日に新型SUVの「CX-60」を世界初公開しています。

 日本では4月7日の公開が予定されていますが、この新型SUVは、新開発のFRプラットフォームをベースとする「ラージ商品群」の第一弾という位置付けです。

 現在発表されているのは、マツダ初となるプラグインハイブリッド車仕様ですが、新世代の3リッター直列6気筒エンジンも設定される予定です。

 マツダは、CX-60 (2列シート)を欧州/日本など、CX-70(ワイドボディ2列シート)を北米など、CX-80(3列シート)を欧州/日本など、そしてCX-90(ワイドボディ3列シート)を北米などに順次投入していくことを明らかにしています。

 つまり、新開発のFRプラットフォームと直列6気筒エンジンという組み合わせ自体は噂通り開発が進められていたということになります。

 しかし、セダンやワゴンそしてクーペというボディタイプではなく、すべてSUVとして登場することになるようです。

 マツダ6の次期型について、現時点でマツダからの正式なアナウンスはありません。

 しかし、SUVが全盛の昨今、マツダが選択と集中を進めた結果、SUVの開発・生産を優先するという予測の妥当性は十分です。

 セダンの生産中止が相次ぐ昨今ですが、マツダ6もそうした波にのまれて近い将来消え去ってしまう可能性は決して低くはないでしょう。

【画像】オシャレな「オジサン」が似合いそう! 次期型「マツダ6」の予想画像がカッコイイ! ゴツ顔高級セダンを見る! (29枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

真鍋清 へ返信する コメントをキャンセル

4件のコメント

  1. GR86を2年間しか売らない話と同じく
    HVも規制対象のガソリン規制が特別早い欧州だけの話かと
    規制の遅くなる発日本や発展途上国とかは普通に来る

  2. セダンは何というか昭和の車ってイメージですね。乗っている人も昭和世代(ご老人御用達)って感じですし、運転が下手な人が多いから怖いですね。

    • セダン、SUV、ミニバンは運転が下手っていうかセンスがない感じ
      視野が狭いというか運転で精一杯って感じの人が多い
      運転の荒さはスポーツカーがやっぱり多い
      スーパーカーは金持ったヤンキー
      軽はイキり散らかした恥ずかしいのが多い

  3. 新型マツダ高級セダンを心待ちにしていた身として、いきなり頭を鈍器で殴られた感が‼️
    マツダ6の運命は日産フーガや同ティアナと同じになるとするなら!?
    同社こそ内燃機関の可能性を極め、セダンやクーペといった流麗なボディスタイルに包んで、フーガの、マークXの、スカイラインクーペの遺志を受け継いでこの国に大きな流れを生む―そんなクルマ好き達の思いは無残に打ち砕かれ、今にマツダ首脳陣の/天からの声が幻聴に響くようだ―「ドイツ車を買いな!」「ロマンだけで食えるか?」「甘ったれるんじゃない!」「赤ん坊のようなことを言うな❗今はカーボンニュートラルの時代、速く流麗になんて甘い夢を見てる場合か?」と。