「入れるだけで効果アリ?」 ガソリン添加剤ってナニ? 意外と知らない「効果的」な使い方とは

ガソリンスタンドなどで「ガソリン添加剤」というものが販売されています。入れるだけで「効果がある」といいますが、実際にはどういった効果が得られるのでしょうか。

ガソリン添加剤にはどんな効果がある?

 ガソリンスタンドでは、時折、給油口に液剤を補充している人の姿が見られます。
 
 添加剤を使用するとどういった効果が得られるのでしょうか。

ある程度走行するとエンジン内部は汚れてくる。これにより本来の性能が発揮しづらくなる。それを添加剤により洗浄することでエンジン性能を復活させるという
ある程度走行するとエンジン内部は汚れてくる。これにより本来の性能が発揮しづらくなる。それを添加剤により洗浄することでエンジン性能を復活させるという

 ガソリン以外に、燃料タンク内へ入れるものといえば「ガソリン添加剤」や「水抜き剤」が挙げられます。

 ガソリン添加剤も取り扱っているカー用品店「オートバックス」の広報担当者によると、最近では、水抜き剤の需要はあまり高くないようですが、ガソリン添加剤は常に一定数の購入があるそうです。
 
 では、そもそもガソリン添加剤とは、一体どのような液剤なのでしょうか。

 ガソリン添加剤を端的に表すと、燃料にかかわるパーツ類の機能維持を目的とした液剤になります。

 具体的な効果としては、燃費向上やパワーアップ、アイドリングなどの不調の改善などが挙げられます。

 クルマは走行するたびに、少しずつ劣化したり、汚れたりしていくものです。

 外装パーツはもちろんですが、内部のパーツも同様で、例えば、燃料に関連する燃焼室や燃料供給系統パーツには、走行することによってカーボンといった不純物が蓄積します。

 こうした不純物が蓄積すると、エンジンの動きに負担がかかり、パフォーマンスを最大限に発揮することが難しくなります。

 そのため、パーツ類が効率良く正常に働くよう、不純物を定期的に除去することが必要で、ガソリン添加剤はその役目を担っているといえます。

 また「洗浄」以外にもガソリン添加剤には「フィーリング向上」「総合性能向上」「機能回復」などいくつかの種類が存在するようです。

 そんなガソリン添加剤についてSNSで見てみると、「意味あるの?」、「使ってみたけど効果なさそう」、「モノによっては効果感じられた!」、「添加剤は効果あるよ!」など、効果について賛否両論の意見が飛び交っていますが、実際に効果があるのでしょうか。

 神奈川県のガソリンスタンドのスタッフは、ガソリン添加剤の効果について以下のように説明します。

「もちろん効果があるものとして販売しています。

 ただ、どのくらいの効果を体感できるかは人それぞれなので、一概に『このくらいの効果があります』とはいえません。

 また、クルマによっても効果の差はあるので、具体的に説明するのは難しいのが実情です」

 このように、ガソリン添加剤の効果については人それぞれの体感、クルマの車種、添加剤の種類などによって大きく差が出るため、一概に数値化して表すのは難しいようです。
 
 ただ、ガソリン添加剤はあくまでも機能の維持が目的であるため、本来の機能以上のパフォーマンスを発揮することは難しいと認識しておくのが良いでしょう。

 そんなガソリン添加剤ですが、オートバックス担当者によると店頭では各エンジンオイルメーカーが開発しているさまざまなバリエーションの商品が存在するといいます。

※ ※ ※

 ガソリン添加剤は前述のようにエンジン内に溜まった不純物を洗浄する役目があるため、新車時に入れても効果はほとんどないといえます。

 そのため、ある程度の年数が経過したクルマやスポーツ走行が多い使用条件などでは効果を体感しやすいといえるでしょう。

【画像】エンジン内部はこんな感じで汚れる? これだけは気にして! クルマのトラブル防止を画像で見る!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 相も変わらないタイトル詐欺っぷり
    意外と知らない「効果的」な使い方なんて何も書いてないじゃん
    開発メーカーでもないガソリンスタンドのスタッフの説明なんて
    説得力ない不要な話で文字数かさ増ししてけむに巻くなよな。
    浅知恵の思い付きで書くだけの仕事とは
    良い御身分ですね。

    • 正論過ぎる…。

  2. え、これで終わり?