今のミニバンとは大違い! ヒンジドア×3列シートが流行ってた!? かつてヒットした背が低いミニバン3選

現代のミニバンは、背が高くスライドドアを有することからファミリーカーの定番となっています。しかし過去には背が低くてヒンジドアを装着するミニバンが流行った時期がありました。どのようなモデルが人気だったのでしょうか。

背が低いミニバンとしてヒットしたホンダ初代「ストリーム」
背が低いミニバンとしてヒットしたホンダ初代「ストリーム」

背が低くてヒンジドアのミニバンが流行った時期があった!

 2022年1月にトヨタ新型「ノア」、新型「ヴォクシー」が発売され、同じタイミングでホンダ新型「ステップワゴン」が初公開されるなど、ミニバン市場が盛り上がりを見 いまやファミリーカーの定番となったミニバンは背が高くて室内空間が広く、スライドドアを装着すること乗り降りがしやすいといった特徴がありますが、もともとは商用バンに乗用車的な内装を施したワンボックスワゴンから進化して現在に至っています。

 しかしその期間中、短期間ですがステーションワゴンの背をやや高くして、スライドドアではなく通常のヒンジドアを採用した3列シートのミニバンが流行った時期がありました。

 ミニバンがブームになり始めたときに登場した、走行性能が比較的良かったヒンジドアのミニバン3車を振り返ります。

ホンダ「ストリーム」

 ホンダは2000年に「ストリーム」を発売しました。

 当時のホンダは「オデッセイ」で乗用車並みの操縦性をもったミニバンを実現していたこともあり、ストリームはよりスポーティな性能を実現したミニバンとして登場しました。

 ボディサイズは全長4550mm×全幅1695mm×全高1590mmと5ナンバーサイズに収められ、130馬力/15.8kg・mの1.7リッターエンジンと、154馬力/19.0kg・mの2リッターエンジンを搭載。

 このスポーティな操縦性とシャープに吹け上がるエンジンはホンダ車ならではのもので、他社のミニバンにはあまりなかった性格だといえます。

 多くの人が待ち望んでいたミニバンの登場だったからか、ストリームは急速に売れ行きを拡大していきました。

 2003年にはマイナーチェンジがおこなわれ、フロントマスクは縦長ヘッドライトから鋭さを増したプロジェクター式に変更。

 その際、2リッターエンジン車にはオデッセイに追加されて好評だったスポーティグレード「アブソルート」を設定し、スポーティなメージをさらに強化していきます。

 さらに同年中には、ホンダ初の直噴ガソリンエンジン「K20B」搭載車を設定するなど、ホンダはストリームに力を入れていました。

 一方、この頃からトヨタ「ウィッシュ」との競争が激化していきます。

 ストリームのマイナーチェンジ後のCMキャッチフレーズである「ポリシーはあるのか」は、暗にウィッシュのことを指しているとされ、自動車メディアは両車の競争をあおりました。しかし、販売の上では徐々にウィッシュが有利となっていきました。

 その後ストリームは2006年に2代目へとフルモデルチェンジし、「RS-Z」などの2列シートスポーティモデルを追加しますが、2014年に製造を終了しました。せています。

【画像】ストリームとウィッシュのライバル競争勃発! あの頃ブームになった背が低いミニバン(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント