「これは楽しみ」ホンダ 新型「シビックe:HEV」がカッコいい! 欧州初公開にSNS反響 「発売待ってる」の声も

ホンダの欧州法人(欧州ホンダ)が、2022年3月22日に新型「シビックe:HEV」を発表。SNSでは、ユーザーからの反響が寄せられています。

欧州では3グレードを展開

 ホンダの欧州法人(欧州ホンダ)が、2022年3月22日に新型「シビックe:HEV」を発表しました。公式フェイスブックでは、ユーザーから「素晴らしい!」「すごく楽しみです!」「発売を待っています」といったコメントが寄せられています。

欧州で発表されたホンダ新型「シビック e:HEV」
欧州で発表されたホンダ新型「シビック e:HEV」

 シビックは、ホンダを代表するグローバルモデルとして現行モデルで11代目となります。

 ホンダは2021年までに日本をはじめとするアジアや北米市場に新型シビック(ガソリン車)を投入。

 日本ではガソリン車に続き「2022年にハイブリッド車(e:HEV)、タイプRを投入」すると明かしていました。

 そんななか欧州では2022年末までに主要モデルすべてを電動化するという同社の意向もあり、新型シビックe:HEVが投入されることになりました。

 新型シビックe:HEVのエクステリアデザインは、新しい先進的なアプローチ「Exhilarating」がテーマ。

 先代モデルよりボンネットラインを25mm下げることで流麗でスポーティなシルエットにしたほか、ガラス面を増やすことで 明るく開放感のある室内空間を実現。

 洗練されたプレミアム感を演出するために、よりクリーンでノイズの少ない表面処理を施し、ベルトラインやフィーチャーラインをより明確にすることで、主要なディテールを際立たせています。

 また、ほかのホンダのハイブリッド車でも採用例が見られる、ブルーの差し色が入った「H」エンブレムが装着されるようです。

 インテリアでは、ホイールベースを35mm延長したことでより広々とした快適なキャビン空間となり、ダイナミック性能と直進安定性も向上させました。

 そして、水平基調のダッシュボードが車幅を強調し、広い視界と相まって、風通しの良い開放的な空間にしています。ダッシュボードの幅いっぱいに配されたハニカムパターンの吹き出し口が印象的で、手触りの良い上質な素材を随所に使用しています。

 機能面ではドライバーズディスプレイに10.2インチHDカラー液晶パネルを採用、中央のタッチスクリーンは9インチに拡大され、視線の上下動を最小限に抑えるために上方に移動されました。

 Apple CarPlayとAndroid Autoに対応したワイヤレスシステムを搭載。上級グレードには12プレミアムBOSEスピーカーを搭載し、コンサートのような音響体験が楽しめます。

 搭載されるパワーユニットは新開発の2リッター直噴アトキンソンサイクルエンジン+2モーターのハイブリッドシステム(e:HEV)です。モーターの最高出力は184馬力、最大トルクは315Nmを発揮します。

 なお、欧州市場に投入される新型シビックe:HEVのグレードは、「エレガンス」、「スポーツ」、「アドバンス」の3グレードで構成されるようです。

※ ※ ※

 前述したとおり、新型シビックe:HEVは日本市場にも導入予定とされており、どのような仕様で国内で発表されるのか、期待が高まります。

 それではここでクイズです。

 2022年3月時点で、日本で販売されるガソリン仕様の新型シビックは、エントリーモデルの「LX」と上級モデルの「EX」というシンプルな2グレードで展開されます。

 では、「LX」では選択できない「EX」の専用装備として、誤っているのは次のうちどれでしょうか。

【1】LEDアクティブコーナリングライト

【2】前席パワーシート

【3】前席シートヒーター

【4】ワイヤレス充電器

※ ※ ※

 正解は【3】の前席シートヒーターです。

 日本仕様のシビックではほかの3装備について、「LX」では選択不可となっているものの、前席シートヒーターのみ全車標準装備となります。

※クイズの出典元:カーデイズ

●カーデイズ 公式ウェブサイト

ホンダ・シビック の中古車をさがす

【画像】ついにホンダが初公開! 新型「シビック e:HEV」 カッコいい外観を画像で見る(42枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. e:HEVのみでもいいからホンダはシビックセダンを日本にも導入するべき
    ハッチバックとの部品の共有性から製造コストを抑えやすいし
    先代のシビックセダンだけでなくインサイトからの乗り換えも見込める

  2. 日本市場でのグレード構成が気になる。
    ガソリン車と同じLXとEXの2種類になるのかな?
    ガソリン車の価格から+30~40万円と考えると、価格は高くなるだろうなぁ…