トヨタSUV「ヤリスクロス」オーダー再開!? でも生産開始は9月から、なぜ? 納車待つユーザーはどう思う?

2022年3月17日現在、トヨタ「ヤリスクロス」の工場出荷時期目処が半年以上とアナウンスされています。ヤリスクロスを待つユーザーからはどのような声が挙げられているのでしょうか。

一部改良モデル登場予定のトヨタ「ヤリスクロス」

 人気のコンパクトSUVとなるトヨタ「ヤリスクロス」は、2022年3月17日現在の「工場出荷時期目処」が半年以上とアナウンスされています。
 
 昨今さまざまなモデルで納車が長くなっていますが、ヤリスクロスを待つユーザーからはどのような声が挙げられているのでしょうか。

実はオーダーストップしていた? トヨタ「ヤリスクロス」に何があったのか?
実はオーダーストップしていた? トヨタ「ヤリスクロス」に何があったのか?

 ヤリスクロスは、2022年2月中旬から3月中旬まで1か月ほどオーダーストップとなっていました。

 オーダーストップの理由について、首都圏のトヨタ販売店は「ヤリスクロスは一部改良を予定しているため、一度オーダーをストップしていました」といいます。

 ヤリスクロスは、2022年8月頃に一部改良されたモデルが登場する予定で、新グレード追加やカラーバリエーションの変更、法規対応などがおこなわれるようです。

 2022年3月17日現在では、一部改良モデルのオーダーが開始されており、前出の担当者によると、すでにオーダーが入っているといいます。

 一方で、一部改良モデルの生産開始は、発売から1か月ほど経過した2022年9月が予定されています。

 従来の一部改良レベルであれば、オーダー開始のタイミング、生産開始、発売時期はおおよそ2か月から3か月くらいだといいますが、なぜヤリスクロスはオーダー開始から生産開始までの期間が半年以上もの間が空くのでしょうか。

 関西圏のトヨタ販売店は「現在、部品不足に加えて新型コロナウイルスの蔓延から世界情勢が不安定になっていることも相まって、クルマの生産がオーダーに追いついていないのが実情です」と話します。

 こうしたことから、オーダーを一時的にストップしたり、発売と生産の時期をずらしたりすることで、オーダーと生産のバランスを調整しているようです。

 では、2022年3月中旬現在にヤリスクロスをオーダーすると、納車まではどのくらいの期間がかかるのでしょうか。
 
 首都圏のトヨタ販売店は「少なくとも半年以上はかかる見込みとなっています」と話します。

 ただし、前述したように、生産開始は9月とされていますが、部品不足などの問題は即座に解決されるものではなく、2022年内に納車されない可能性も高いようです。

 なお、SNSでは「2月に購入しようと思ってたら、ちょうどオーダーストップでタイミングが悪い……」、「購入してもいつ納車されるかわからなくて不安」、「納期がいつになるのか明確に知りたい」という声が見られ、ユーザーが困惑している様子がうかがえます。

 また、すでにオーダー済みのユーザーからは「結局いつ納車になるんだろう」、「すでに待ってる側からすると改良モデルにオーダー変えたい(泣)」、「半年待ったうえに、改良モデル出るなんて……」と、納期に対する不安や、改良モデルの登場を羨む声が挙げられています。

トヨタ・ヤリスクロス の中古車をさがす

トヨタ・ヤリスクロス のカタログ情報を見る

【画像】車高アゲアゲ! ワイルドになった「ヤリスクロス」が結構アリかもしれない!(36枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント