ホンダ「CBR900RR」発売30周年記念モデル「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary受注期間限定で登場

ホンダは、1992年に発売された初代モデル「CBR900RR」の発売30周年記念モデルとして、「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」を発表。受注期間限定で2022年4月18日に発売します。

初代モデル「CBR900RR」をモチーフに表現されたトリコロールカラーを採用

 ホンダは2022年4月18日に、「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」を受注期間限で発売します。

【画像】CBR900RR誕生から30周年! ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」を画像で見る(10枚)

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」(左)と1992年に発売された初代モデル「CBR900RR」(右)
ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」(左)と1992年に発売された初代モデル「CBR900RR」(右)

 CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversaryは、1992年に発売された初代モデル「CBR900RR」(※FIREBLADEシリーズの初代/日本では2002年発売の6代目「CBR954RR」から国内市場導入)の発売30周年を記念した特別なモデルです。

 30周年記念モデルのベースとなった「CBR1000RR-R FIREBLADE」シリーズは、「Total Control for the Track ~サーキットで本領発揮するマシン」を開発コンセプトに、力強い出力特性のパワーユニットと、操縦性を追求した車体パッケージングを組み合わせ、スポーツライディングをサポートする先進の電子制御技術を搭載。

歴代のホンダ「CBR」(FIREBLADE)シリーズ
歴代のホンダ「CBR」(FIREBLADE)シリーズ

 1992年に欧州で発売された初代モデルから追求してきたテーマ「Total Control」が現在でも貫かれています。

 今回発表された30周年記念モデルには、初代モデルで使用されていたカラーイメージをモチーフに表現されたホワイトを基調とするトリコロールの「パールグレアホワイト」が採用されました。

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」。燃料タンク部の上面やメーター起動時の画面には30周年記念マークが採用されています
ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」。燃料タンク部の上面やメーター起動時の画面には30周年記念マークが採用されています

 また燃料タンク部の上面やメーター起動時の画面には、30周年記念マークが配されたほか、マフラーのサイレンサー部や、Honda SMART Keyのキー本体にも30周年の文字があしらわれ、特別感が演出されています。

 CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversaryの価格(消費税込)は283万8000円で、受注期間は2022年2月25日から2022年4月17日までとなっています。

提供:バイクのニュース

ホンダ「CB500F」新型モデル登場 スケールダウン版の400ccモデル日本導入はありえる?

ホンダ「CB4X」発表 CBR650Rのエンジンを搭載した斬新なコンセプトモデル

本気になったホンダとHRCを世界は止められなかった! レースに勝つために誕生したVTR1000SPWとは?

「おお400“CB400フォア”」 当時の16歳へ、ホンダからのプレゼント

「GSX400FSインパルス」は、スズキとヨシムラが作り上げた衝撃的なネイキッドモデル!!

【画像】CBR900RR誕生から30周年! ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」を画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント