マツダ史上最強SUV「新型CX-60」世界初公開! 価格は655万円から 欧州で2022年9月発売

欧州マツダは、2022年9月発売予定の新型「CX-60 PHEV」を世界初公開しました。マツダ史上もっともパワフルだといわれる新型CX-60 PHEVは、どのようなモデルなのでしょうか。

新たな「魂動デザイン」を採用した新型「CX-60 PHEV」

 マツダの欧州部門は、同社初のプラグインハイブリッド車として投入される新型SUV「CX-60 PHEV」を世界初公開しました。

 新型CX-60 PHEVは欧州のフラッグシップSUVとして登場。洗練された内外装デザインや、日本が誇るクラフトマンシップ、人間中心の最新技術、世界最高水準のパワートレインなど、100年にわたるマツダのDNAをすべて表現しています。

日本の伝統を取り入れた内外装がオシャレなマツダ新型「CX-60 PHEV」
日本の伝統を取り入れた内外装がオシャレなマツダ新型「CX-60 PHEV」

 新型CX-60 PHEVの美しくダイナミックなスタイリングは、フロントエンジン・後輪駆動(FR)のSUVアーキテクチャーの強靭さに、日本の「間」をコンセプトとした最新の「魂動デザイン」を採用し、知性と気品を織り込みました。

 エレガントで上質なインテリアは、メープルウッドやナッパレザー、独自の加工を施したテキスタイル、クロームディテールといった異なる素材やテクスチャーを組み合わせた手法を用いたり、インパネステッチの細部にまで施した「結ぶ」技術など、日本の伝統文化からインスピレーションを受けています。

 メープルウッドトリムの処理には、日本の美意識である非対称のバランスや意図的な凹凸を施すとともに、多様な柄と糸で織られた布は、光の変化に敏感に反応し、日本の縫製技術である「掛縫い」によってトリム布の間にできた空間から下の素材が見えるようになりました。

 さらにドライバー認識機能「マツダドライバーパーソナライゼーションシステム」が搭載され、シートポジションやステアリングホイール、ミラー、HUD、サウンドや空調など自動的に設定。体格だけでなく個人の好みに合わせてドライビング環境を調整することが可能です。

【画像】マツダの爆速SUV「CX-60 PHEV」登場! 内外装もオシャレでイケメンすぎる! (25枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 題名が誤解を招くような表記をしてある。
    655万円からなのはPHEVであって、
    CX-60自体のスタート価格ではないはず。
    タイトルには「CX-60 PHEV」と書いたほうが良い。
    自動車情報サイトとして、誤解の発生しにくい書き方をするべき。

  2. PHEVに8速のAT付けたの?