赤いトヨタ新型「bZ4X」日本初公開!? 斬新デザインな「スポーツカーみたいなSUV」登場! トヨタならではのEVとは

2022年年央に発売が予定されているトヨタ新型「bZ4X」。ライバルEVが登場するなかでどのような特徴を持っているのでしょうか。

トヨタならではのEV第一弾となる新型「bZ4X」の特徴

 トヨタの「バッテリーEV戦略」をけん引する存在として期待される新型「bZ4X」。
 
 すでにグローバル市場では国毎のオンライン予約が開始され、車両価格などが明らかになっています。
 
 そうしたなかで、日本でも新型bZ4Xのプロトタイプ試乗会が開催され、日本では初公開となる赤色や紺色のボディカラーがお目見えしていました。

プロトタイプ試乗会に展示された赤いボディの新型「bZ4X」 日本では初めて赤いボディカラーがお披露目された?
プロトタイプ試乗会に展示された赤いボディの新型「bZ4X」 日本では初めて赤いボディカラーがお披露目された?

 新型bZ4Xは、2021年4月19日に開催された「上海モーターショー2021」にてコンセプトモデルが世界初公開。その後、それぞれの国や地域にて詳細が徐々に明かされています。

 トヨタの「bZシリーズ」第一弾となる新型bZ4Xは、パートナーのひとつであるスバルとの共同開発により誕生したSUVタイプのEVで、e-TNGA プラットフォームを採用。

 これにより、ショートオーバーハング・ロングホイールベース化されたことで、同等サイズのトヨタ「RAV4」と比べると全長4690mm(+95mm)×全幅1860mm(+20mm)×全高1600mm(-60mm)、ホイールベース2850mm(+160mm)となり、後席空間はラージサイズセダン並を確保したといいます。

 また、ボディ面ではEVとして重要な衝撃緩和に配慮した高い衝突安全性を得るためにバッテリーの合理的な配置と衝撃を分散させる構造を採用しました。

 走行性能としては、専用プラットフォームの採用による低重心など高剛性化により高速走行でも安定した走りとなり、背の高いクルマ特有のロール感(コーナーでボディが揺られる現象)はほぼ感じず、まるでスポーツカーのような安定感を与えてくれます。

 これは4WDの場合、リアモーターの使用範囲が拡大されたことや、前後の駆動配分が適正化されることでドライバーの思い描いたラインが走れることによるものだといいます。

 新型bZ4Xのシステム最大出力は150kW(2WD)/160kW(4WD)となり、加速性能(0-100km/h)は8.4秒(2WD)/7.7秒(4WD)です。

 バッテリー総電力量は71.4kWhとなり、一充電走行距離(WLTCモード)が500km前後(2WD)/460km前後(4WD)となっています。

 また、EVならではの走りとして「回生機能」を活かしたアクセス操作が挙げられます。

 これはアクセスペダルのオン/オフだけで加減速が出来るもので、新型bZ4Xの場合はセンターコンソールにあるスイッチにより「回生ブースト」の有無を切り替えることができ、トヨタによれば80km/h以下の場合約80%をアクセル操作のみでカバー出来るようです。

※ ※ ※

 また、トヨタでは近年問題視されるバッテリー火災などの対策も実施。これは、電池不具合を「防止する」「兆候から検知する」対策の強化と、新技術の導入により、万が一の状況に対して安心・安全を確保する設計・多重監視システムを採用しました。

 そのほか、トヨタでは「10年後のバッテリー容量維持率90%にすること」を目標とし、今後、バッテリー材料の選定、パック構造、制御システムなどさまざまな面で容量悪化を防ぐ対策と実施していくとしています。

【画像】赤い新型「bZ4X」&新型「ソルテラ」が日本初披露!? スポーティなトヨタ最新SUEVの内外装を見る!(41枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント