「めっちゃ主張してる!」 大型車の「左へ曲がります」アナウンスはなぜ流れる? 外国人も驚く細かな配慮とは

「左へ曲がります」や「バックします、ご注意ください」といったアナウンスが大型車から聞こえてくることがあります。周囲への注意喚起ということはわかりますが、なぜ鳴るようになっているのでしょうか。

「左へ曲がります」 「バックします」大型車特有のアナウンスの意義

 大型車のなかには、走行中に「左へ曲がります」や「バックします、ご注意ください」といったアナウンスが流れることがあります。なぜこのようなアナウンスが流れるのでしょうか。

大型車が左折する際にアナウンスされる「左へ曲がります、ご注意ください」はどのような経緯で流れるのか?
大型車が左折する際にアナウンスされる「左へ曲がります、ご注意ください」はどのような経緯で流れるのか?

 街中を走行する大型車のなかには、その動作に合わせたアナウンスが流れることがあり、日本に来日した外国人が大型車のアナウンスに驚いたという声もSNSでは見受けられます。

 大型車のアナウンスは、道路交通法や道路運送車両の保安基準などを見てみても、規定はとくに定められておらず、メーカーなどの任意でアナウンス機能が採用されているようです。

 ゴミ収集車や緊急車両などを扱う、特装車の架装メーカーの担当者は、こうしたアナウンスを流す理由について、以下のように説明します。

「歩行者や自転車で通行している人に対しての注意喚起のためにアナウンスを流しています。

 日本の道路では、クルマは左側通行のため、主に左へ曲がる際に、歩行者や自転車に音声で知らせて注意喚起しています」

 右ハンドル車の場合、左後方の死角が大きく、運転者から確認しづらい傾向にあります。

 とくに大型車の場合はボディサイズも大きいことから、車両の左側を通行する歩行者や自転車は見えにくく、内輪差により巻き込み事故が起きてしまう事例も見られます。

 一方で、死角を完全になくすこと、完璧に周囲を確認することは実質不可能であるため、大型車が安全に走行するためには歩行者や自転車側からの配慮も必要になります。

 よって、歩行者や自転車に、周囲の大型車の左折を知らせるために「左へ曲がります、ご注意ください」のアナウンスが流されています。

 ちなみに、「バックします、ご注意ください」のアナウンスも流れることがあります。しかし大型車は、バックに関しては「ピーピー」というブザーを採用している車両が多いため、バックのアナウンスを聞く機会は比較的少ないかもしれません。

 また、「右へ曲がります、ご注意ください」のアナウンスも、右後方は運転席から比較的確認しやすいことから、左折時のアナウンスよりは流れていることが少ないようです。

 なお、こうしたトラックのアナウンスは、架装メーカーが顧客の依頼を受けて装置を取り付けることが一般的になっているようですが、なかには製造の段階で組み込まれているものもあるようです。

 歩行者や自転車など、交通の安全のために流れている「左へ曲がります、ご注意ください」のアナウンス。耳にしたら周囲の状況を確認し、大型車の死角に入り込んでしまわないよう、協力することが重要かもしれません。

【画像】働くクルマの存在感がスゴい! GT-Rパトカーから自衛隊車両まで色々な特殊車両を見る(27枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. エクスキューズしているようで
    ぼくちゃん褒めてみたいで
    意図が分からない。

    一体どれ程の悲惨な事故があると思っているんだ。

    左後輪から大きな警告音・光りを出せ。

    左前輪もだ。

  2. 正確な時期は忘れたが以前はこれがなく、巻き込み事故が多発してこれをするようになっている。
    多分平成に変わる前後じゃなかったけ?

  3. 大型車の側面にセンサーを付けてバイクや自転車の並走を感知して欲しいですね。バイクの免許を持っている人なら常識な筈の大型車による内輪差のよる巻き込みや、リヤオーバーハングによる接触事故は後を経ちません。可能であれば自殺行為として、特にバイクによる左路側からの追い越しに関する事故は轢いた側の過失ゼロが望ましいです。

  4. 昭和43年頃に保安基準の改正が有り「側面方向指示器」の取り付け義務が出た頃辺りから、左折時の警報音が付いていると記憶して居ます。 一般的にはとある車両電装メーカ( ま、D社ですけど )が、 バックと左折時に音声で注意を促す製品を開発したのが、 いま標準的に付けられている、音声アラームです。 左折警告が主なので、左折時に音声と警告音が鳴りますが、 右折時の発声警告音は有りません。 また、バック時にも音声が発せられます。 スモール点灯時は夜間とみなされ、左折警報は発音量が小さくなり、 バック音声は発せられなくなります。( 左折の場合、警告音は鳴りますが発声はしません ) また、スピードセンサがオプションであり、 接続されると、高速走行時の音声発声は無くなったり、 停止時の音声発声が無くなったりします。 ただ、現在車両電装内に組み込まれているものが有ったりして、 多少内容はメーカにより異なっています。右折音声アラームは数社が製造して居りますが、ほとんどはD社のアラームで有る事がほとんどです。(ちなみに、12V24V兼用なので乗用車でも付けられます)
    受け売りや思い込みで執筆などせず、実際にメーカに問い合わせるなどして、正確な記事を希望します。