ヤマハ「テネレ700」を往年の「XT600 Tenere」に!? フランス発・加工なしで装着できるカスタムパーツ登場

フランスのデザインハウス「Crispy Club」は、ヤマハのアドベンチャーモデル「Tenere(テネレ)700」をベースに同社がかつて製造していたビッグオフローダー「XT600 Tenere」のようなスタイルへとカスタムできる外装キット「Kit Tenere 700」の予約受付を開始しました。どのようなキットなのでしょうか。

往年のスタイルと現代の走行性を両立

 フランスのデザインハウス「Crispy Club」は、ヤマハのアドベンチャーモデル「Tenere(テネレ)700」をベースに同社がかつて製造していたビッグオフローダー「XT600 Tenere」のようなスタイルへとカスタムできる外装キット「Kit Ténéré 700」の予約受付を開始しました。

【画像】雰囲気はまさに「XT600 Tenere」!! Crispy Clubの外装キットを装備したヤマハ「Tenere(テネレ)700」の画像を見る(18枚)

Crispy Clubの外装キット「Kit Tenere 700」を装備したヤマハ「Tenere(テネレ)700」。往年の「XT600 Ténéré」のスタイルをボルトオンで実現しています

 689ccの並列二気筒エンジンを搭載する「Tenere 700」は、1983年に登場した「XT600 Ténéré(テネレ)」の血統を引き継ぐテネレ・シリーズ最新モデルで、厳しい条件下で行われるラリーで鍛え上げられた高い走行性能と信頼性を持つ車両として、欧州を中心に人気を博しているアドベンチャーモデルです。

ヤマハ「Tenere(テネレ)700」

 Tenere 700用のカスタムキットを開発したCrispy Clubの本拠地であるフランスにおいては、1979年の初開催から2008年までアフリカ大陸を走る「パリ・ダカールラリー」が開催された歴史もあることから、アドベンチャーラリーカテゴリーのモータースポーツがMotoGPやル・マン24時間耐久などと肩を並べるほどの人気を誇っています。

ヤマハ「XT600 Tenere」

 Crispy Clubによるキットは80年代から90年代にかけてゴロワーズがスポンサーを務めたヤマハのレース用バイクを連想させるもので、長方形のLEDライトを内蔵したクラシックなマッドガード、フロントタンクスクープ、スピードメーターオフセットステー、ハイマッドガード、ハイフェンダーキットなどで構成されており、すべて無加工で装着可能となっています。

Crispy Clubのヤマハ「Tenere(テネレ)700」用のカスタムパーツ「Kit Tenere 700」

 また、ゴロワーズカラーの「Heritage 1VJ」のほか、計4色のカラーで展開された「Painted Kit」、未加工の「Raw Parts」の3パターンが用意されています。

Crispy Clubのカスタムパーツ「Kit Tenere 700」を装着したヤマハ「Tenere(テネレ)700」

 クラシカルな外観を現代的な走りと信頼性で楽しめるKit Tenere 700の価格は2400ユーロ(日本円で約31万円)からで、2019年から2021年までのすべてのTenere 700に装着可能となっています。

提供:バイクのニュース

「こんなのセローじゃない!」 復活を遂げたヤマハ「セロー250」の敵は「セロー」だった


欧州デビューから20周年 ヤマハ最高峰スポーツツアラー「FJR1300AS」のスゴさに、乗って納得


ヤマハ「XSR125」登場 シリーズ最少排気量の原付二種ヘリテイジスポーツ


「GSX400FSインパルス」は、スズキとヨシムラが作り上げた衝撃的なネイキッドモデル!!


ヤマハのバイクに似てる!? ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」を発表

【画像】雰囲気はまさに「XT600 Tenere」!! Crispy Clubの外装キットを装備したヤマハ「Tenere(テネレ)700」の画像を見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント