初公開のトヨタ巨大SUV 新型「セコイア」はどんな姿で登場!? メッキギラつく豪華仕様とTOYOTA顔仕様とは? 米で発表

米国で公開されたトヨタの巨大SUV 新型「セコイア」はどのような姿で登場したのでしょうか。

ハイブリッドシステム「i-FORCE MAX」を搭載

 トヨタの米国法人は、2022年1月25日(現地時間)に3代目となる新型SUV「セコイア」を世界初公開しました。

 北米におけるトヨタSUVのラインナップでフラッグシップモデルに相当するクルマですが、どのような姿で北米市場に登場するのでしょうか。

トヨタ 新型「セコイア」(画像はラグジュアリーグレードの「キャップストーン」)
トヨタ 新型「セコイア」(画像はラグジュアリーグレードの「キャップストーン」)

 新型セコイアのプラットフォームは、新型「タンドラ」や、新型「ランドクルーザー」(300シリーズ)、レクサス新型「LX」と同じフレーム構造のシャシ(GA-F)を採用。

 搭載されるパワーユニットは、3.5リッターV型6気筒ツインターボにモーターが組み合わされたハイブリッドシステム「i-FORCE MAX」で、システム最高出力443馬力・システム最大トルク583lb-ft(約790Nm)を発揮します。

 トランスミッションは10速ATが組み合わされ、駆動方式は2WDと4WDの2種類です(一部グレードでは4WDのみ選択可能)。

 けん引能力は、現行(2代目)モデルから約22%増となった最大9000ポンド(約4082kg)を実現しました。

 新型セコイアの外観は、新型タンドラとも共通性を感じるT字状に光るライトや水平基調のシルエットなど、フルサイズSUVにふさわしい力強さが演出されたデザインが特徴。

 六角形のフロントグリルが組み合わされ、力強いフロントフェイスとなっています。

 グレード展開「SR5」「リミテッド」「プラチナ」「TRDプロ」「キャップストーン」の5つが展開されますが、このなかでスポーティ仕様といえる「TRDプロ」グレードでは、トヨタのTマークではなく「TOYOTA」表記のエンブレムがフロントグリルに配されています。

 またホイールもTRDプロ専用のブラック18インチアルミホイールが装備されるほか、2本出しのTRDプロ専用エキゾーストシステムなどが装備されました。

 また、ラグジュアリーグレードの「キャップストーン」では、専用のクローム加飾がきらびやかな外観を演出。

 さらにセコイアとして歴代初採用となる22インチの専用クロームホイールが、足まわりを華やかな雰囲気で彩ります。

 ボディカラーはホワイト、ウインドチル・パール、セレスティアル・シルバー、ルナ・ロック、マグネティック・グレー・メタリック、ブループリント、アーミー・グリーン、ミッドナイトブラック・メタリック、スモーク・メスキート、スーパーソニック・レッド、ソーラー・オクタン(TRDプロ専用色)など、多彩な色が設定されます。

 新型セコイアは、2022年夏に北米市場で販売開始される予定です。

 それではここでクイズです。

 3代目の新型モデルが発表されたセコイアですが、2代目が登場した年は何年だったでしょうか。

【1】2004年

【2】2008年

【3】2012年

【4】2016年

※ ※ ※

 正解は【2】の「2008年」です。

 そのため3代目となる新型セコイアは14年ぶりの全面刷新を受け、登場したことになります。

【画像】超巨大トヨタSUV 新型「セコイア」初公開! 実車を画像で見る(72枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント