最速への近道!GPS機器のガーミンからサーキット専用レーシングコーチ「カタリスト」が登場

GPS機器で有名なガーミンが、2022年1月20日にスマート・レーシングコーチ「カタリスト」を発売しました。サーキット走行中にドライビングに対するアドバイスをくれるといいますが、どのようなデバイスなのでしょうか。

ガーミンからサーキット専用デバイス「カタリスト」が誕生

 GPS機器で有名なGarmin(以下ガーミン)は、2022年1月20日にスマート・レーシングコーチ「Catalyst(以下カタリスト)」を発売しました。

 スマート・レーシングコーチとはどのようなデバイスなのでしょうか。

サーキット走行で使える!スマート・レーシングコーチ「カタリスト」がガーミンから発売(画像はイメージ)
サーキット走行で使える!スマート・レーシングコーチ「カタリスト」がガーミンから発売(画像はイメージ)

 今回発売されたカタリストは、サーキット・トラックでのドライビングパフォーマンスを計測・分析し、パフォーマンスアップをサポートするデバイスです。

 このデバイスには、世界中のサーキットコースを収録したトラックデータベースがあらかじめセットされており、コースごとにトラックドライビングのパフォーマンス分析ができます。

 精密なGPSデータを計測できるガーミンの技術を活用し、コーナーリング走行やラップタイムなど詳細データを取得。さらにこれらを分析することで、コーナーを曲がるときの最適なライン取りや他の走行データと比較した改善アドバイスを提案してくれます。

 また、TRUE OPTIMAL LAP技術により、各トラックセグメントでの最短時間と実際の走行ラインに基づいた目標ラップタイムも毎回表示し、ドライバーのパフォーマンス向上をリアルタイムとアフターセッションの両面でサポートします。

 サーキットコースは手動で追加が可能で、走行中のドライビングに対するアドバイスはヘッドホンやBluetoothを経由したカーステレオの音声ナビゲートでおこないます。

 画面には7インチのディスプレイが採用され、走行後すぐに大画面でデータを確認することが可能となります。

 価格は150,000円(消費税込み)です。

【画像】最速を目指せ!ガーミンのスマート・レーシングコーチ「カタリスト」をもっと見る(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント