スズキ「ジムニー」を魔改造! 噂の5ドア化!? 後ろ半分切断 体は軽トラ オートサロンに現れた変わり種

東京オートサロン2022には、スズキ「ジムニー」に手を加えたさまざまなカスタムカーが登場しました。それぞれどのようなクルマだったのでしょうか。

オートサロンの「魔改造ジムニー」3選

 2022年1月14日から16日までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「東京オートサロン2022」には、スズキの軽4WD「ジムニー/ジムニーシエラ」(以下、ジムニー)を存分にカスタムしたモデルが複数登場しました。

 その「魔改造」ぶりは、来場者の注目を絶えず引いていましたが、それぞれどのような姿だったのでしょうか。

NATSの学生らによる5ドアジムニー「NATS JIMNY kimun kamy」
NATSの学生らによる5ドアジムニー「NATS JIMNY kimun kamy」

 2018年7月に登場した現行ジムニーは、新開発のラダーフレームに、FRレイアウト、副変速機付パートタイム4WD、3リンクリジッドアクスル式サスペンションというジムニーの伝統を継承したモデルです。

 コンパクトながらも本格的な悪路走破性を誇り、スクエアボディなどの個性的な特徴とともに国内外で人気を集めています。

 販売されているのは3ドアワゴンですが、今回、かねてから噂のあった「5ドア仕様」を実際に造ってしまったのが、千葉県にある自動車専門学校「日本自動車大学校」(NATS)の学生たちです。

「NATS JIMNY kimun kamy」と名付けられた5ドア仕様ジムニーは、教員が所有するジムニーシエラ(2019年式)をベースとしたものです。

 5ドア化にあたりボディを400mm延長し、6インチのリフトアップを図っています。

 また、外装パーツとしてIPF製ライトバーやオリジナルアウターロールゲージを装着。足元は、BLACK RHINOの17インチホイールにTOYO TIRESのOPEN COUNTRYを履かせることでオフロード性を向上させています。

 エンジンは、GReddyのボルトオンターボキットやハイパフォーマンスECU、排気系はGReddyクロスエキゾーストなどでチューニングしたとのこと。

 NATS JIMNY kimun kamyについて、NATSの担当者は次のように説明しています。

「学生とオーナーである教員自らがフレーム&ボディをカットし、世界初の5ドア化ジムニーを製作しています。

 またオーナーのアウトドア車両にしたいという希望から各社ご協賛をいただき、宿泊もできる最強オフロード車が完成します」

 この要望を叶えるため、REGRESSカーサイドタープテントや、FELDON SHELTERクロウズネスト・ルーフトップテントも装着され、アウトドアもできる仕様になる予定だといいます。

【画像】究極カスタマイズされた世界で1台のジムニーがスゴい!(66枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ここまで改造して車検通るの?。
    車検通らなくていいなら何でも出来る。