BMW Motorrad「R18 M」公開 大型クルーザーをスポーティにアレンジした最新カスタム

BMW Motorradは、イタリア・ベローナで開催されたバイクの見本市「Motor Bike Expo 2022」でクルーザーモデル「R18」をベースにした最新カスタム「R18 M」を公開しました。どのような一台なのでしょうか。

「BMW M」の持つスポーティなイメージをR18に反映

 BMW Motorradは、イタリア・ベローナで開催されたバイクの見本市「Motor Bike Expo 2022」でクルーザーモデル「R18」をベースにした最新カスタム「R18 M」を公開しました。

【画像】BMW Motorrad「R18」の最新カスタム「R18 M」の画像を見る(24枚)

BMW Motorrad「R18」をベースにしたカスタムバイク「R18 M」

 日本においては2020年5月より受注を開始したR18は、BMW Motorrad史上最大排気量となる1802ccのボクサー・エンジン(水平対向2気筒)を搭載し、往年のモデル「R 5」をオマージュしたデザインを採用した大排気量クルーザーモデルです。

 イタリアで公開されたR18 Mは、BMWイタリアの協力のもと、現地のバイク雑誌「LowRide」が企画し、バイクショップ「American Dreams」が製作した一台で、シャシー、サスペンション、ボディワーク、アクセサリーを中心に手を加え軽量化。

 BMW M社のロゴに使用されているブルー、パープル、レッドを取り入れたペイントやグラスファイバー製ウインドシールド、シングルシートカウルの採用によりスポーティな印象に仕上げられています。

BMW Motorrad「R18」をベースにしたカスタムバイク「R18 M」

 R18 Mのディレクションを行ったLowRideのGiuseppe Roncen氏は次のようにコメントしています。

「R18は、安定性、ロング・ホイールベース、そして軽快なスタートを可能にし、スポーティでレトロなルックスにふさわしいと私たちは考えています。R 18 Mのデザインには、BMWモトラッドの伝統と四輪車のヒントが隠されています。

 そのポテンシャルを体験することに、私たちは好奇心を持ち続けています。大幅に軽量化されたこのバイクは、誇張することなく、よりコンパクトで前方に荷重がかかるライディング・ポジションによって、扱いやすさも向上するはずです」。

※ ※ ※

 2021年には派生モデル「R18 Transcontinental(コンチネンタル)」や「R18 B」がラインナップに加わるなど、モデル拡充が進むR18シリーズ。今後、どのような派生モデルが誕生するのか期待したいところです。

提供:バイクのニュース

目指したのはBMW版「スズキ・隼」!? 強烈なインパクトの6気筒エンジン搭載ツアラー「K1600B」カスタムが登場


欧州デビューから20周年 ヤマハ最高峰スポーツツアラー「FJR1300AS」のスゴさに、乗って納得


逃げられない速さ! なぜ電動白バイ導入? 警視庁が白バイにBMW製EVバイクを選んだ理由とは


小さいBMWバイク「G310R」に凝縮された走りの魅力! しかも普通二輪免許で運転できる


「GSX400FSインパルス」は、スズキとヨシムラが作り上げた衝撃的なネイキッドモデル!!

【画像】BMW Motorrad「R18」の最新カスタム「R18 M」の画像を見る(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント