ボルボ新型「C40」発売開始! ボルボ初導入のEVはなぜオンライン販売のみ?

ボルボ・カー・ジャパンは2022年1月20日、ボルボとして日本初導入となる電気自動車(EV)「C40 Recharge(C40リチャージ)」の発売に合わせ、オンライン販売を開始しました。

2モーターでAWD! ボルボ初のEV専用モデル

 ボルボ・カー・ジャパンは2022年1月20日、ボルボとして日本初導入となる電気自動車(EV)「C40 Recharge(C40リチャージ)」の発売に合わせ、オンライン販売を開始しました。

ボルボ「C40リチャージ」
ボルボ「C40リチャージ」

 C40リチャージは、SUV「XC40」から採用を開始したCMAプラットフォームをベースにしたモデルで、ボルボ初のEV専用モデルとして設計されています。

 前輪と後輪にひとつずつ搭載された2基の電気モーターにより、最高出力300kW/660Nmを発生するAWDパワートレーンを採用。駆動用リチウムイオンバッテリーの総電力量は78kWhで、充電1回あたりの航続距離は約485km(WLTC、国土交通省申請値)が予定されています。

 充電については、普通充電のほか急速充電にも対応しており、150kW急速充電器を使用すると、約40分で80%まで充電が完了します。

 C40リチャージのソフトウェアは、車両に搭載された通信モジュールにより、オンラインで更新が可能。購入後もさまざまな機能が更新可能となる予定です。

 外観のリアは、低いルーフラインに合わせて印象的なリアエンドデザインに。フロントは「EVのボルボ」の新しい顔として、新たに最先端のピクセル技術を用いたLEDヘッドライトを採用しています。

 内装は、高いシートポジションを実現し、このモデル独自の色や装飾の仕様も用意。また、ボルボ初の完全なレザー(本革)フリーインテリアを実現しています。

 運転面ではワンペダルドライブ機能を導入。アクセルペダルの踏み具合で、加速と減速を直感的かつシームレスに制御できます。

 C40リチャージの車両価格は719万円(消費税込)です。

【画像】オンライン販売開始!ボルボ初のEV専用モデル「C40リチャージ」を見る(26枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント