ド派手仕様な日産 新型「フェアレディZ」世界初公開! 鮮烈オレンジと精悍迫力ボディの姿とは

日産は、東京オートサロン2022で新型「フェアレディZ」をベースにした「フェアレディZカスタマイズドプロト」を公開しました。どんなカスタム仕様なのでしょうか。

オーバーフェンダーや大型リアスポイラーなどを装着

 日産は、新型「フェアレディZ」をベースにした「フェアレディZカスタマイズドプロト」を2022年1月14日に東京オートサロン2022で世界初公開しました。

 日本仕様の新型フェアレディZが発表された同イベントで、あわせて公開された特別なフェアレディZは、どのようなカスタムが施されているのでしょうか。

日産新型「フェアレディZカスタマイズドプロト」
日産新型「フェアレディZカスタマイズドプロト」

 新型フェアレディZは、ボディサイズが全長4380mm×全幅1845mm×全高1315mm、ホイールベースが2550mm。

 最高出力405馬力・最大トルク475Nmを発揮する3リッターV型6気筒ツインターボエンジンが搭載され、トランスミッションは6速MTと9速ATのいずれかが組み合わされます。

 グレードは、ベースグレード、バージョンS、バージョンT、バージョンSTが設定されますが、まず 240台限定の特別仕様車「プロトスペック」が2022年6月下旬に発売されます。

 そんななか、東京オートサロン2022に参考出品車というかたちで出展されたフェアレディZカスタマイズドプロトは、歴代フェアレディZをモチーフにしたカスタム仕様として登場。

 伝説のフェアレディZ「432R」を彷彿とさせるオレンジのボディカラーを基調とし、エンジンフード、ルーフ、テールなど随所にブラックを配したカラーリングとしています。

 さらに、スポーティでパワフルな世界観を拡張するアルミホイール、オーバーフェンダー、ホワイトレタータイヤ、大型リヤスポイラーなどの装備を装着。熱い走りを予感させるスタイリングに仕上げられています。

 日産ブースにはほかにも、「ノートAUTECHクロスオーバー」や「キャラバン」をカスタムした参考出品車、2022年のスーパーGTに参戦する「Nissan Z GT500」、日産の最新EV「アリア」など、さまざまなクルマが展示されています。

日産・フェアレディZ のカタログ情報を見る

【画像】日産 新型「フェアレディZ」ド迫力カスタム仕様を初公開! 実車を画像で見る(178枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これ用のGノーズとか出たりして…