既存のトヨタ車&レクサス車がリノベで進化!? 安全機能の後付けもOK!「KINTO FACTORY」が始動

トヨタとKINTOが新サービス「KINTO FACTORY」を始めます。購入したクルマをアップグレード、リフォーム、パーソナライズで進化させるといいますが、どのようなサービスなのでしょうか。

トヨタとKINTOが新サービス「KINTO FACTORY」を始めます

 トヨタと、毎月定額でトヨタ車に乗れるサブスクリプションサービス「KINTO ONE」を展開するKINTOは2021年12月21日、購入したクルマに新たな安全機能やアイテムを後付けできる新サービス「KINTO FACTORY」を立ち上げると発表しました。

トヨタ「プリウス」
トヨタ「プリウス」

 クルマの保有期間が長くなる傾向にある一方で、安全装備などの技術開発は日進月歩で変化しています。

 KINTO FACTORYは、クルマを買った後も、技術革新にあわせてソフト・ハードの機能やアイテムを反映していき、クルマを最新状態に「進化」させるサービスです。

 方法は3通りを用意します。

 1つ目は「アップグレード」です。基本性能を向上させる安全機能などを後付けします。

 2つ目は「リフォーム」です。経年劣化で傷んだ内外装のリフレッシュやアイテム交換などをおこないます。

 3つ目は「パーソナライズ」です。運転データをもとにドライバーの個性や好みに合わせてクルマの設定を最適化します。

 今回、KINTO FACTORYを始めるにあたり、まずはトライアルという位置付けで店舗や車種を絞り、2022年1月下旬からアップグレードとリフォームが提供されます。

 サービス開始時点の対象車種は、トヨタの「アクア」「プリウス」「プリウスα」「アルファード」「ヴェルファイア」と、レクサスの「UX」「NX」です。

 サービス開始時のメニューは、アップデートが、パーキングサポートブレーキ(静止物)やブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートの後付け、パワーバックドアのキックセンサ追加など。

 リフォームが、シート表皮やクッション部分の交換、ステアリングホイールの本革への交換などです。

 車種によりメニューは異なります。また、いずれもメーカー保証付きです。

 施工店舗は、トヨタ車が東京都内の芝浦店、U-Car深川店、U-Car足立島根店と静岡県内のカーロッツ浜松の4店、レクサス車が都内のレクサス荻窪とレクサス東京ガレージ荻窪の2店ですが、順次拡大予定といいます。

 対象車種の年式やサービス料金は、サービス開始時に告知されます。

 KINTOの小寺信也社長によると、安全機能の後付けについては「ざっくりいうと5年から7年くらいのクルマが対象になります」とのこと。料金は「車種やメニューによりまちまちですが、数千円から10万円手前まで」(小寺社長)と説明します。

 サービスの購入は、サービスの開始時に開設されるウェブサイトを通じて申し込む形になります。

 この料金は、当面は1回ずつの売り切りとなりますが、将来の展望として、継続的な利用を想定してサブスク形式も検討しているということです。

 なお、今回始まるKINTO FACTORYは、すでに存在するトヨタ車のサブスクKINTO ONEとはまったくの別ものといいます。

 すでに購入・保有しているトヨタ車、レクサス車で、サービス対象に該当すれば、アップグレードやリフォームなどが受けられます。

トヨタ・プリウス のカタログ情報を見る

【画像】カッコいい…全身黒づくめの「プリウス」を見る!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント