レクサス次期型「IS」を世界初公開か クーペでスポーティな「4ドアセダンEV」がSNSで話題!

トヨタ・レクサスが「バッテリーEV(BEV)に関する説明」を実施。そのなかで、SNSにて「次期IS?」と予想される「レクサスエレクトリファイドセダン」が世界初公開されました。

これは次期ISなのか? クーペライクな4ドアセダンとは

 2021年12月14日、トヨタ・レクサスがおこなった説明会にて、「レクサスブランドは2035年にグローバルでBEV100%化を目指す」ことが明らかになりました。
 
 その際、4車種のコンセプトモデルがお披露目されましたが、そのなかで「次期ISか?」とSNSで話題になっているモデルがあります。

これがレクサス次期「IS」なのか? 世界初公開された「レクサスエレクトリファイドセダン」
これがレクサス次期「IS」なのか? 世界初公開された「レクサスエレクトリファイドセダン」

 今回の説明会では、バッテリーEV(BEV)に関する内容が説明されました。

 レクサスはこれまで、90以上の国と地域で約30車種のエンジン車とハイブリッド車、プラグインハイブリッド車を投入しています。

 このような車種展開と同時にレクサス独自のデザインと走りの味を追求し、ハイブリッド技術のパイオニアとして電動化の技術を磨いてきました。

 そして、レクサスは新たな挑戦として2030年までにすべてのカテゴリーでバッテリーEVのフルラインナップを実現。

 さらに、欧州、北米、中国でBEV100%およびグローバルで100万台の販売を目標とするとともに、2035年にはグローバルでBEV100%を目指すとしています。

 このレクサスの宣言と共に、すでにティザーサイトが公開されていた新型SUV「RZ」や「LFA」の後継モデルとされる「レクサスエレクトリファイドスポーツ」、大型SUVとみられる「レクサスエレクトリファイドSUV」に加えて、4ドアクーペの「レクサスエレクトリファイドセダン」を世界初公開。

 RZは2022年前半に登場するほか、レクサスエレクトリファイドスポーツについては、レクサスの未来を象徴するモデルとして加速タイムは2秒前半、航続距離700kmオーバー、全固体電池の搭載も視野に、ハイパフォーマンスバッテリーEVの実現を目指すことがアナウンスされました。

 一方で、レクサスエレクトリファイドSUVとレクサスエレクトリファイドセダンに関しては展示されていたものの、詳細は明らかにされませんでした。

 大型SUVについてSNSでは「レクサスの3列シートSUV?」「3列ありそうな大型SUVが気になる」「新ラージSUVかな?」という声がみられます。

 一方で4ドアクーペについてSNSでは「次期ISかな?」「セダンは次期ISぽい」「次期ISと思わせるクーペ」「サイズ的に次期IS」という風にレクサスエレクトリファイドセダンについて、次期ISと予想する声が多く見受けられます。

 お披露目されたレクサスエレクトリファイドセダンのデザインは、「L」を意識したスタイリッシュなヘッドライトに加えて、ボンネットにはダクトがふたつ設けられました。

 また、ボディ後方がクーペのようなデザインとなり、セダンという名称ながら「4ドアクーペというほうが適切な表現かもしれません。

※ ※ ※

 ISはレクサスがグローバルで販売する4ドアスポーツセダンで、初代(1999年)、2代目(2005年)、現行となる3代目(2013年)とモデルチェンジを繰り返してきました。

 また、2020年にはビッグマイナーチェンジを実施。走行性能を大きく進化させているほか、2021年には北米で「IS500」という高性能仕様も追加投入しています。

 一方で、2022年で登場から9年目を迎えるため、そろそろフルモデルチェンジをおこなうのではないかという噂も出ていました。

 そうしたなかで、今回次期ISを予想させるBEVがお披露目されたことで、ユーザーの多くが今後のレクサスに期待を寄せています。

レクサス・IS のカタログ情報を見る

【画像】こんなスポーティセダンを待っていた! レクサス次期IS? 4ドアスポーティセダン初公開!(33枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. アウディのネガポジ反転に続き、こんどはマクラーレンですか