トヨタ新型SUV「bZ4X」638万円スタート! 同価格で真っ向勝負も日産新型「アリア」不利? 戦いの行方は電池で決まるか

トヨタの英国法人は新型「bZ4X」の価格を明らかにしました。ライバルとなる日産新型「アリア」と比べると、どのような勝負となるのでしょうか。

新型bZ4Xの英国価格を発表! 日産新型「アリア」と比べると?

 2021年12月15日、トヨタの英国法人は同社の新たなEVブランドなる「bZシリーズ」の第一弾新型「bZ4X」の価格を明らかにした。
 
 グローバルでの販売に先駆けて設定された価格はどうなのか。

トヨタ渾身のBEVとなる新型「bZ4X」の英国価格が明らかに! 日産新型「アリア」と比べてどう?
トヨタ渾身のBEVとなる新型「bZ4X」の英国価格が明らかに! 日産新型「アリア」と比べてどう?

 トヨタ初となる本格的量販電気自動車 bZ4Xのイギリス価格が発表された。

 ベースとなるFFモデルは4万1950ポンド。1ポンド152円とすれば638万円になる。

 すでに発表されている日産新型「アリア」のFFベースモデルが4万1845ポンド(同636万円)なので、ほとんど同じ価格設定ということ。

 ちなみに、アリアの日本価格は539万スタートです。

 結論から書くと、もしbZ4Xがイギリスのように日本でもアリアと同等の価格の価格設定をしてきたら、すでに先行オーダーを開始している日産にとって相当厳しい戦いになるだろう。

 最悪、濃い日産ファンじゃなければキャンセルすらあり得る状況。

 なぜアリア厳しいがのか。それはすべてのスペックでbZ4Xが優位だからだ。詳しく見ていきたい。

まず日本仕様のボディサイズ。bZ4Xのホイールベースは2850mmあり、アリアの2775mmよりずいぶん長い。

 全長もbZ4Xの4695mmにアリアの4595mm。ホイールベースで決まってくる車格からすれば(キャビンスペースはホイールベースで決まってくる)、bZ4Xのほうが車格は上の分、価格も高くて当然。

 そのため、ボディサイズを金額差に換算すれば、20万円から30万円相当と考えていいだろう。

 加えて電池容量でも差がある。bZ4Xのベースグレードは電池容量71.4kWh。アリアが66kWhと、bZ4X若干優位。

 また、欧州WLTPモードによる航続距離を見ると公表済みのアリアで359km。

 bZ4Xは電池容量多いだけでなく電費も良いらしく、関係筋の情報だと450kmくらいになると予想されている(日本のWLTCモードでは500km前後)。

 欧州の電気自動車比較サイトを見ると、寒い日にヒーター使うもっとも厳しい状況の航続距離でbZ4Xは270kmで、アリアは235kmと予想している。

 電気自動車の価格、電池容量によって決まって来る傾向。

 アリアも66kWhと91kWhの2タイプから選べるが、日本仕様で80万円差。電池容量からすればbZ4Xはアリアの66kWhより17万円高くていい。

【画像】斬新デザインの新型「bZ4X」とスタイリッシュな新型「アリア」 どっちのデザインが好み?(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

20件のコメント

  1. トヨタが素晴らしいとの固定概念が有るのでは?全個体電池もそうだがどうしてまだ誰も車で成功したことのない技術を素晴らしいはずとしの報道が目立つのか?不思議でならない。
    今の所は日産のアリアと同等位の性能でバッテリーの補償まで目標と実際は違う物だよね。リコールその他もそれほどトヨタが素晴らしい訳ではないのでは?と感じるのは私だけ?

  2. 相変わらずの国沢節、結論ありきと思えます。5kwh分の電池が大きく25km長く走れるは当たり前。ボディが大きいと優れるわけでもない。取り回しは?
    電池保証も、実績ないのに断定出来ない。
    それなら、激推な三菱アウトランダーはどうなのか?
    装備設定も、最上級を買わせたいトヨタ式と見受けられませんか?

    • トヨタ持ち上げるなーと思ったら、
      国沢さんだった(笑)

      正式な発売前の情報だから
      断定的に論じてもねー

  3. 国沢さんの発言は深堀りしていて好ましい。
    ほぼ正しい指摘と思う。
    だって「冬のエアコン使用で電費がガクンと落ちる」と
    書いた評論家は初めてだろう。
    (電気自動車の一番の欠点なのになぜか評論家は誰も指摘しない)

    まあ、デザインでアリアを選ぶ人が多いかもしれないですね。

    • その通り。
      国沢さんの数年の記事を見てればわかるはずです。もともと国沢さんはスバルやマツダを支持してましたが、近年、トヨタを褒める記事が増えています。
      それはトヨタ自身とトヨタが作るクルマが変わっていてるからこそです。

  4. この著者はバッテリーの事を全く知らなおいのですね!リーフと比べてどうするのでしょうか?アリアと比べてください。BYDのバッテリーなので信頼性は高いですねがその辺は日産の方が上だと思います。少しググれば出てきます。実績のないバッテリーの方が上だなどとよく言えますね!この程度の古い知識で記事を書くこと自体信じられません。

  5. トヨタと日産のバッテリー保証は、おそらく同じくらいになりますよ、どちらも同じ外製のCATLのバッテリーです。
    リーフ用の内製バッテリーは競争力が低く売却されたので、それを用いてアリアを下と語るのは記事としては誤りです。
    電池の優位性を語るのであればそのくらいバッテリー業界を調べないと、ヤフーのトップにミスリード作家の記事が乗ることになります。
    コメント欄にBYDを書いてる方がいらっしゃいますが、載りませんよー。

  6. 国沢さんほどの人がこれはいただけない記事だと思います。肝心の車内空間はすべてアリアの方が大きいし、出力も全然違うので動力性能含めたらこんな記事は書けないです。定量値が双方公表されている中でここまで表面的な数字で専門家の方が書かれるのは本当に残念です。

  7. んーARIAの方がデザイン洗練されている。
    トヨタは、中身は、いいもののようだけど、インテリアはがヤリスみたいで、500万以上出して買うよって思える車ではないなー やっぱり総合的に80%の車を売る会社なのか…って思っちゃう。
    満足したければ、レクサスをって感じか…客の足元を見てる感じですね…

  8. コメント欄を見て安心しました。皆さんわかっていらっしゃる。この記事を書いた方がトヨタに偏って同じ土俵で戦っていないしダメダメな事を。読む価値なし。

  9. イギリスは、法的に内税表示が定められているので付加価値税VAT20%が込みで(必ず)表示されています。日本も内税表示ですが10%なので為替換算で同じ価格設定と仮定しても日本との価格差は10%あるはずです。アレアの日本とイギリスの価格を比較するときは記事のような単純比較ではミスリーディングだと思います。

  10. 以前あった高速道路上で大雪による立ち往生の場合EVだったら死の危険も… って書いて医者や専門家からしっかりしたエビデンスを突きつけられタジタジになって訂正記事を後日書いた国沢さん…
    トヨタがBEV作ると言ったら他社との才能比較ですか!? 日産じゃなくてテスラや中国勢の比較してくださいw

  11. 電池の寿命、保証のこと。電気自動車ならではの視点を提示してもらい参考になった。

    ところで、bz4x って名前。
    みなさん誰もツッコミいれてないけどイマイチだと思わないのかな。若い人にはウケがいいのだろうか。
    俺はどっちかというとミライみたいに和名で、キボウ(希望)、エド(江戸)とかにして欲しかった。

  12. トヨタのためならエクストリーム擁護と他社バッシング。ホントなんなのこの人。

  13. 学識のない批評家が化学電池の構造もたいして理解せずに宣伝文句を鵜呑みにして
    贔屓目で数値を比較して優劣を論じただけの浅はかで何の役にも立たない話。
    目糞鼻糞を笑うような比較論には
    読んで呆れるばかりです。

  14. そもそも
    バッテリー寿命(劣化率)について
    日産の現行バッテリーの補償に対し、
    トヨタの将来出す新規バッテリーの目標値と比較するなんて
    バカバカしい話です、
    新たに開発してるバッテリーの目標値の方が良い値なのは当たり前だトリックです。
    こんなペテン師、信じるに値しない。

  15. トヨタbBってあったよね。あれを思い出してしまうわ。トヨタ電気自動車シリーズはbz1とかbz2になるのか。ビージーって読むのも何だかな。

  16. 日産「リーフ」の保証8年/16万kmでおよそ70%…
    8年で3割も減るのか。10年も乗ってられないな。。

  17. ジャーナリストなら、見て、乗って、感じたことを読者に分かりやすく伝えるのが使命ではないのか?
    数字だけを並べて有利不利ってのはTwitter民でもできる。

  18. bZ4Xのイギリスでの装備を見たのか?アリア同等にしたらかなり割高になる
    アリアと価格合わせるためにシートヒーターや運転席のパワーシート、電動テールゲートすら削ってきた