トヨタ新型「ヴォクシー」2022年1月正式発表! 迫力デザインお披露目! SNSでは意外な声も!?

2022年1月発売! トヨタ新型「ヴォクシー」のデザインはカッコイイ! SNSの反響はいかに?

2022年1月にデビュー! 新型「ヴォクシー」に対するユーザーの声

 2021年12月8日、トヨタが新型「ヴォクシー」のティザーサイトを公開しました。
 
 サイト上には「NEW VOXY 2022年1月DEBUT」と書かれ、2022年1月に新型ヴォクシーが発売されることが明らかにされています。

 新型ヴォクシーの登場を受けて、ユーザーからはどのような意見が挙げられているのでしょうか。

世界初公開された新型「ヴォクシー」のティザー画像
世界初公開された新型「ヴォクシー」のティザー画像

 ヴォクシーといえば、兄弟車である「ノア」「エスクァイア」と並んで、トヨタのミドルサイズミニバンの代表格といえる1台です。

 2001年に初代が誕生し、2007年、2014年とこれまで2度のフルモデルチェンジを経て、現在では、現行型となる3代目が販売されています。

 現行ヴォクシーは、競合の多いミニバンのなかでトップクラスに人気のモデルとなっており、日本自動車販売協会連合会によると、2021年上半期の登録車全体でヴォクシーは第8位にランクインしています。

「家族時間もカッコよく。」というコンセプトのもと、クールな父親向けにデザインされてきたヴォクシー。

 実際にトヨタの営業担当者も「ヴォクシーオーナーには、アグレッシブなお客さまが多い」と話します。
 
 ヴォクシーには、テーブル、収納、コンセントなども備わっており、第2の家ともいえるゆとりのある空間です。

 7人乗り仕様は2列目がキャプテンシートとなっており、クラス初の超ロングスライドドアを採用するなど余裕のある空間を実現。

 そんなヴォクシーですが、現行モデルの登場からすでに約8年が経過しており、新型の登場も近いのではないかと噂されていました。

 今回公開されたティザーサイトには、新型ヴォクシーのフロントデザインがお披露目されています。

 ヘッドライトの配置などは現行ヴォクシーと類似していますが、グリルは新型ヴォクシーのほうが横方向に大きく開いているようにも見えます。

 ヘッドライトはLED3眼となっており、その上部には現行型よりも切れ長にデザインされたポジションランプが設置されています。

 SNSを見てみると「オラオラ感出てる」「前より鋭いデザインになってる」といった意見が多く、全体的に従来型より引き締まったデザインになっているといえます。

 一方で「現行型がかっこいいからな~」「現行型が良すぎて…」というように、現行型のほうが好みだというユーザーもいるようです。

 さらに、「性能面もどのくらい変わってるか気になる」「早く全貌出してほしい」など、早速、新たな情報の公開を望む声も見られました。

 また、今回のティザーサイトでは、ノアのフルモデルチェンジも明らかにされており、2台は同時に新型モデルがデビューする予定です。

 2021年11月時点での登録車販売台数ランキングでは、ノアは第16位となっており、ヴォクシーのほうが販売台数が多いのが現状です。

 兄弟車でありライバルでもある両車ですが、今後新型の登場によって、どのように立ち位置が変化していくのかに注目が集まります。
 
※ ※ ※

 なお、もう1台の兄弟車であるエスクァイアは、ノア・ヴォクシーとともにモデルチェンジとはならず、2021年12月をもって生産が終了されます。

トヨタ ヴォクシー
トヨタ ヴォクシー
  • 新車販売価格:281.3~334.7万円
ボディタイプ
ミニバン
販売年月
2019年10月~生産中
トヨタ ノア
トヨタ ノア
  • 新車販売価格:255.6~334.7万円
ボディタイプ
ミニバン
販売年月
2019年01月~生産中

【画像】これが新型ヴォクシー&新型ノア! 現行ノアのアウトドア仕様もスゴかった!(47枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー