SUVらしさ強調!? トヨタ新型「カローラクロス Xオーバー」登場! 剛健フェイスな新仕様 南アに導入

トヨタの南アフリカ法人は、現地仕様の「カローラクロス」に「Xオーバーパッケージ」を設定しています。選択すると、どのようなデザインになるのでしょうか。

フロントグリルガーニッシュの追加で顔つきが変化

 トヨタの南アフリカ法人は、現地仕様の「カローラクロス」を2021年11月3日に発売しました。発売から約3週間で1400台以上を売り上げたといい、現地でも注目を集めています。

 そんななか、南アフリカ仕様のカローラクロスには、SUVらしさを高める「Xオーバーパッケージ」が設定されているというのですが、どのようなデザインなのでしょうか。

Xオーバーパッケージを装着したトヨタ新型「カローラクロス」(南アフリカ仕様)
Xオーバーパッケージを装着したトヨタ新型「カローラクロス」(南アフリカ仕様)

 カローラクロスは、日本市場では2021年9月14日に発売されたコンパクトSUVですが、日本仕様とそれ以外のグローバル仕様でフロントフェイスが異なっています。

 南アフリカ仕様のカローラクロスもグローバル仕様のフロントフェイスを採用。また、生産も南アフリカのプロスペクトン工場でおこなわれているため、現地の雇用創出にも貢献しています。

 前述したXオーバーパッケージは、現地で設定されるオプションパッケージのうちのひとつで、シルバーとマットブラックのフロントグリルガーニッシュにより、カローラクロスの顔つきが大きく変化します。

 SUVらしさを強調したシルバーのスキッドプレートやサイドスカートも追加されるほか、リアバンパーインサートやグロスブラックのアルミホイール(17/18インチ)なども含まれます。オプション価格は2万3690ランド(約17万円、1ランド7.05円で計算)です。

 南アフリカ仕様のカローラクロスには、ほかにもハイブリッド仕様専用の「ハイブリッドパッケージ」(7964ランド、約6万円)や、スポーティさを演出する「アーバンスポーツパッケージ」(1万8723ランド、約13万円)、Xアーバンパッケージとは異なるSUVスタイルを提案した「アドベンチャーパッケージ」(1万8723ランド、約13万円)も設定されます。

 なお、Xオーバーパッケージとハイブリッドパッケージの装着は、生産段階(工場)か、ディーラーかを選べます。一方、アーバンスポーツパッケージとアドベンチャーパッケージは部品の塗装が必要になるため、ディーラーで装着されるということです。

トヨタ・カローラクロス のカタログ情報を見る

【画像】SUVらしさ溢れる顔つきに変化! トヨタ新型「カローラクロス Xオーバー」登場!? 実車などを画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント