黒さ強調の日産新モデル登場!? 日産新型「アルティマ」発表!「まよなか仕様」新設定で約280万円から 米で登場

日産「アルティマ」の2022年モデルの価格が発表されました。

日産「アルティマ」の2022年モデルってどんなクルマ?

 米国日産は、2021年11月20日に「アルティマ」2022年モデルを発表し、価格を明らかにしました。

日産「アルティマ」2022年モデルで登場したミットナイトエディションパッケージ
日産「アルティマ」2022年モデルで登場したミットナイトエディションパッケージ

 アルティマは、日産が米国などで展開するセダンで、現行モデルは2018年に発表されました。

 エクステリアは、日産車共通のフロントフェイス「Vモーショングリル」が採用されています。

 またコンパクトなエンジン設計であることから、低くワイドなプロポーションも特徴です。

 インテリアは、水平基調な「グライディングウィング」インストルメントパネルが採用され、上質な空間が広がっています。

 運転支援機能には「プロパイロットアシスト」を搭載。加速やステアリング、ブレーキの制御をおこない、長距離ドライブにおけるドライバーの負荷を軽減します。

 安全機能として、歩行者検出機能を備えた衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警告、ハイビームアシストなどの機能が装備されている「セーフティーシールド 360」を搭載。

 パワーユニットは、最高出力188馬力の2.5リッター直列4気筒エンジンと最高出力236馬力のリッター直列4気筒のVCターボエンジンの2種類です。

 駆動方式は2WDと4WDの2種類がありますが、VCターボエンジン搭載車は2WDのみとなります。

 価格は、2WD仕様が2万4550ドルから3万900ドル(約280万円から約350万円)、4WD仕様が2万6950ドルから3万4250ドル(約310万円から約400万円)です。

※ ※ ※

 今回の2022年モデルには、新たにブラックパーツを多数装備した「ミッドナイトエディションパッケージ」が登場。

 パッケージには、LEDフォグランプやヒーター付きフロントシートなどの快適装備が備わっているほか、フロントグリルやスポイラー、19インチアルミホイールなどにグロスブラック塗装を採用され、精悍な雰囲気に仕立てています。

 ミッドナイトエディションパッケージは、「SR」グレードの2.5リッターエンジン搭載車にのみ設定されます。

【画像】黒さ協調の新モデル!? 日産新型「アルティマ」の内外装をすべて見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. ご担当者様

    初めまして。
    記事についてお知らせがございます。

    黒さ強調の日産新モデル登場!? 日産新型「アルティマ」発表!「まよなか仕様」新設定で約280万円から 米で登場

    こちらの発売値段が二万ドル〜三万ドル、200万台〜三千万円台となっておりました。

    執筆ミスかと思いご連絡させて頂きました。
    よろしくお願いいたします。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  2. 日本で売る気もないモデルは紹介しないでくださいね、悲しくなるだけです!

  3. この車格だと、日本仕様があるとすればハイブリッドや余計な装備が付いて380万円からでしょうか(笑)