ホンダ「N-BOX」に電動パーキング採用か!? 全車速ACCも追加? 販売王者の座がより盤石に

日本で一番売れている軽自動車がホンダ「N-BOX」です。長年販売台数No.1の座を死守していますが、一部改良によって唯一の弱点がなくなるかもしれません。

ついに電動パーキングブレーキ採用か

 日本でもっとも売れている軽自動車のホンダ「N-BOX」が2021年12月に一部改良をおこなうと噂されています。
 
 内外装のデザインなどに大きな変更はないようですが、今回の一部改良は大きな注目を集めているようです。なぜ注目が集まっているのでしょうか。

売れている軽自動車といえばホンダ「N-BOX」 一部改良で「電動パーキング」は採用されるのか
売れている軽自動車といえばホンダ「N-BOX」 一部改良で「電動パーキング」は採用されるのか

 2015年から2020年にかけて、6年連続で軽自動車新車販売台数ランキング1位を獲得し、また、2017年からは4年連続で登録車も含んだランキングでも1位を獲得し続けているN-BOXは、日本にもっともマッチしたクルマといっても過言ではありません。

 現行のN-BOXが登場したのは2017年であり、2020年12月にはマイナーチェンジも果たしていることからもわかるように、今回の一部改良は、あくまでほぼ毎年おこなわれる年次改良のようです。

 ただ、今回N-BOXの一部改良が大きなSNSなどで話題となっているのは、電動パーキングブレーキが採用される可能性が濃厚であるためです。

 電動パーキングブレーキは、その名の通り、パーキングブレーキを電動化したもので、ボタンやスイッチひとつでパーキングブレーキを解除・作動させることができるものです。

 電動パーキングブレーキは、かつては高級車中心に採用されていたものですが、2010年代に入り多くの車種に装備されるようになりました。

 ホンダ車に関していえば、現在では「フィット」や「ヴェゼル」などほとんどのホンダ車が電動パーキングブレーキ式となっています。

 また、軽自動車では、2019年にフルモデルチェンジした「N-WGN」や、2020年11月にフルモデルチェンジした「N-ONE」でも電動パーキングブレーキが採用され、ホンダの主要車種のなかでは、N-BOXだけが従来の足踏み式パーキングブレーキを採用している状態でした。

 情報によれば、内外装のデザインが大きく変わることはなく、あくまでも電動パーキングブレーキが搭載されることが大きなニュースといえそうです。

 もちろん、従来の足踏み式パーキングブレーキや、ハンドレバー式のパーキングブレーキに比べて、大きな力を必要としない電動パーキングブレーキは、おもに女性や年配者にとっては非常にありがたい機能です。

 しかし、電動パーキングブレーキが搭載されることによるメリットは、単に駐車時や発車時だけに得られるものではありません。

 とくにN-BOXにとっては、電動パーキングブレーキが採用されることによって、まさに「最後のピース」がハマるといえるのです。

【画像】N-BOXがNSXにイメチェン!? カッコイイエアロカスタムを見る!(45枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント