「最低年収はいくら必要?」 トヨタ「アルファード」の360万円仕様を買える人の条件とは

「いつかはアルファード」という言葉が出てくるなど、憧れの対象となっている高級ミニバンの代表格トヨタ「アルファード」。では、エントリーグレードを購入するためには、どのくらいの年収が必要なのでしょうか。

乗用車全体でもトップクラス売れ行きを誇る、「高級ミニバンの王者」

 高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタ「アルファード」ですが、2021年上半期の新車販売台数ランキング(登録車)では堂々の3位にランクインするなど、その勢いはとどまることを知りません。
 
 最近では、「いつかはアルファード」という言葉も聞かれ、ユーザーから憧れの対象となっているようです。
 
 そうしたなかで、アルファードのエントリーグレードを購入する場合、どのくらいの年収があれば良いのでしょうか。

トヨタ「アルファード」のエントリーグレードを買うならどのくらいの年収が理想?
トヨタ「アルファード」のエントリーグレードを買うならどのくらいの年収が理想?

 アルファードは国産車のなかでも価格帯が幅広く、エントリーグレードと最上級グレードでは、約400万円の価格差が存在します。

 エントリーグレードとしては、ガソリン車/2WDの「X」が359万7000円。

 一方の最上級グレードでは、ハイブリッド車/E-Fourの「エグゼクティブラウンジ」は775万2000円と国産車としては高額です。

 では、実際にアルファードのエントリーグレードを新車で購入する場合、どれほどの費用がかかるのでしょうか。

 今回の見積もりでベースとしたのは、前述の「X(ガソリン車/2WD)です。ボディカラーは、人気かつ追加費用のかからない「ブラック」を選択します。

 エクステリアはオプションを装着せず、インテリアもシンプルに「フロアマットセット(9万5700円)」のみを選択します。

 また、トヨタでは基本的にカーナビがオプションとなるため、もっともベーシックな「エントリーナビキット(6万9300円)を選択。あとは、ビルトイン式の「ETC2.0ユニット(4万700円)」を装着します。

 ここまでで、車両本体価格の359万7000円に加えて、メーカー/ディーラーオプションで20万5700円が追加されます。

 さらに、2021年12月に車両を登録する場合、自動車税種別割が1万800円、自動車税環境性能割が6万2100円、自動車重量税が4万9200円、そして自賠責保険料が2万7770円必要となり、加えて6万7610円の販売諸費用が必要です。

 これらを合計すると、税金や諸費用は計21万7480円となります。

 したがって、359万7000円(車両本体価格)+20万5700円(メーカー/ディーラーオプション)+21万7480円(税金・諸費用)を合わせた402万180円が、アルファードのエントリーグレードを新車で購入する場合の乗り出し価格として最低限必要になるといえます。

【画像】数年前に1500万円級の「アルファード」が存在! 豪華な内外装を見る(73枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. じゃ、本来買っていけない層に売ってる貧困ビジネスっていうことか。

  2. そもそもここ数年は、モデル末期なのもあって本体で値引き50万60万が平気で出るから実際は買い得グレードのSタイプゴールドに、記事で紹介されてる乗り出し装備を入れて410万~420万だったりする。銀行ローンを使えば金利も1.0%代、他社の売れ線の車と比較すると値引き後のセレナやフォレスターと同程度の価格、満足感とリセールで上回る要素があり、日本人の平均年収430万と比較するとファミリー層には決して買いづらい車では無いと思う。残価を使うとむしろマッチして今日のバカ売れに繋がっている気さえする。

  3. 年収で推し量り上から目線で語る事じゃないでしょ
    知ったかぶりして庶民を見下してる様な記事ばかり書くなこの方は、
    嫌気がさす。

  4. 一点豪華主義もあり。昔、叔母が経営する会社の従業員はどでかいアメ車で風呂無し長屋暮らし。銭湯にアメ車乗っていく。それも有りかも。
    当方の自宅の周囲はお金持ちが多いが、自宅を拝見すると、Lマーク車がずらり。たまにゲレンデヴァーゲンやレンジローバーが混じっている。
    明らかな税金対策でリセールバリューの良い車を会社が儲かっているときに即金で買う。税務署がうるさいが。
    この車なら社用車として通用するから、社用族からするとお買い得。
    この手のワンボックスカーには寛容だから。
    リセールバリューさえ良ければ高額の方が良い。 CFに余裕があれば減価償却費で節税。リースでも良い。