なぜスバル新型「アウトバック」は日本導入が遅れた? アメリカと日本の仕様は何が違う?

スバル新型「レガシィアウトバック」が2021年10月7日に発表されました。アメリカでは2年前に登場していた新型モデルですが、日本仕様は独自の仕様となっているようです。両車はどのようなところが異なるのでしょうか。

アメリカ仕様と日本仕様の新型アウトバックはどう違う?

 スバルのフラッグシップ「レガシィ アウトバック」が7年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、2021年10月7日に国内仕様の新型モデルが発表されました。

 アウトバックは1995年に登場された2代目「レガシィツーリングワゴン」の派生モデルとして登場。当初、国内仕様は「グランドワゴン」を名乗っていましたが、その後2代目で「ランカスター」、3代目から「アウトバック」として設定され、新型となる6代目へと続いています。

ワイルドさとプレミアム感が共存するスバル新型「レガシィアウトバック」
ワイルドさとプレミアム感が共存するスバル新型「レガシィアウトバック」

 ステーションワゴンをベースに車高を上げたクロスオーバーSUVの先駆けとしてグローバルで多くのファンが存在するアウトバックは、アメリカを中心に販売台数を伸ばし、いまではスバルを支える主力モデルへと成長しました。

 今回日本仕様が発表された6代目は、2019年にすでに北米でデビューしています。日本への導入が2年遅れたのは、どのような理由があったのでしょうか。

 新型アウトバックの開発責任者である村田誠氏は次のように説明します。

「世界最高のアウトバックを提供したいという思いもあり、日本のお客さまのニーズに合わせて、日本市場専用設定の環境対応エンジンや、高度運転支援システム『アイサイトX』を装備して発売することにこだわり、その開発に時間をいただきました」

 アメリカとは異なる日本専用の仕様としたことが2年遅れた理由ということですが、両車でまず異なるのは搭載されるエンジンのラインナップです。

 アメリカで販売されるアウトバックは2.5リッター水平対向4気筒エンジンと2.4リッター水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。一方、日本仕様は2020年にフルモデルチェンジした「レヴォーグ」と同じ1.8リッター水平対向4気筒エンジンを搭載します。

 この1.8リッターターボエンジン(177馬力/300Nm)は日常での使いやすさを重視し、低回転から300Nmの高トルクを発生。小排気量化で燃費を向上するなど、パワーと環境性能を高い次元で両立するという特徴があり、ストップ&ゴーや渋滞が多い日本で扱いやすいエンジンだといえます。

 また、日本とアメリカではグレード体系も違い、日本ではプレミアムな質感が特徴の「リミテッド EX」とアウトドア志向の「X-BREAK EX」というシンプルな2グレードですが、アメリカは仕様やエンジンの組合せで8グレードを取り揃えています。

 なかでも、アメリカ仕様で注目される「ウィルダネス」は、ラギッドなデザインや本格的なオフロード性能を持つグレードで、ユーザーから要望を受けてアメリカ専用として開発されました。

 日本のユーザーからも導入してほしいという声がたくさん届いているとスバルはいいますが、いまのところ日本での発売は予定されていません。

【画像】日本の新型アウトバックがワイルドでカッコいい! 超絶タフなアメリカ専用「ウィルダネス」とは?(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. そのまま廃止か名前を単なる「アウトバック」のみに改名して日本市場では
    新型レヴォーグに新型WRXみたいな無塗装バンパー付けて車高上げた車を
    継承車「レヴィーグアウトバック」として売り出すか
    「新型アウトバック(日本仕様)」として出すためだと思った