2代目レクサス新型「NX」発表! ライバルのプレミアムSUVとはどんなモデル? 比較してみた

2021年10月7日、2代目となるレクサス新型「NX」が日本で発表されました。発売は11月以降を予定しています。次世代レクサスのデザインをまとって登場した新型NXですが、レクサス初のプラグインハイブリッド(PHEV)をはじめ4種類のパワートレインを用意したのが特徴です。NXは世界でも人気のミドルサイズSUVですが、ライバル車はどのようなモデルになるのでしょうか。

ミドルクラスSUVは世界の市場でもっとも人気のあるジャンル

 2021年10月7日、2代目となるレクサス「NX」が日本で発表されました。発売は同年11月以降を予定しています。

レクサス新型「NX350h」
レクサス新型「NX350h」

 新型NXは「GA-Kプラットフォーム」を採用。これにより軽量・高剛性なボディと低重心化されたパッケージとなり、車両の基本性能が大幅に向上しているのが特徴です。

 新型NXのボディサイズは、全長4660mm×全幅1865mm×全高1640mm、ホイールベースは2690mmと、先代NXと比較して全長は20mm長く、全幅は20mm幅広く、全高は5mm高く、ホイールベースは30mm拡大しています。

 次世代レクサス第1弾として、走りやデザイン、先進技術を全面刷新して登場した新型NXですが、電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づき、レクサス初のプラグインハイブリッド(PHEV)を用意したのも特徴です。

 さらに2.5リッターハイブリッド、2.5リッター自然吸気、2.4リッターターボと多彩なパワートレインを用意、世界各国の市場のニーズに応えています。

 車両価格帯は、2.5リッター自然吸気エンジンを搭載する「NX250」2WD(FF)」の455万円から、2.5リッター+プラグインハイブリッドシステムの「NX450h+ F SPORT」(AWD)の738万円となっています。

 そんな新型NXのライバルはどんなモデルになるのでしょうか。

●メルセデス・ベンツ「GLC」

 メルセデス・ベンツ「GLC」は、2016年2月に日本で発売されたミドルサイズSUVです。「GLK」の後継モデルになります。

メルセデス・ベンツ「GLC」の走り
メルセデス・ベンツ「GLC」の走り

 全長は4670mm×全幅1890mm×全高1645mm、ホイールベースは2875mmというボディサイズで、新型NXと比べて全長は10mm長く、全幅は35mm幅広で、全高は5mm高く、ホイールベースは185mm長くなります。

 またクーペSUVの「GLCクーペ」もあり、こちらは全長4740mm×全幅1890mm×全高1605mm、ホイールベースは2875mmとなっています。

 GLCの特徴は、用意された豊富なパワートレインです。

 194ps・400Nmを発生する2リッターディーゼルターボ「GLC220d 4MATIC」や258ps・370Nmを発生する2リッターターボの「GLC300 4MATIC」、そして390ps・520Nmの3リッターツインターボ搭載の「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」、510ps・700Nmの4リッターツインターボ搭載の「メルセデスAMG GLC63S 4MATIC」などのハイパースポーツモデル、それに211ps・350Nmを発生する2リッターターボに90ps・440Nmのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)「GLC350e 4MATIC」を用意します。

 また2019年には、世界初の燃料電池プラグインハイブリッドSUV「GLC F-CELL」も欧州および日本のみで発売されました。

 車両価格は708万円(GLC220d 4MATIC)から1526万円(メルセデスAMG GLC63 4MATIC)です。

【画像】レクサス新型「NX」とライバル高級SUVを画像で見る(53枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント